ライフ

健康長寿のための食生活 理想の食卓イメージは「量が少ない懐石料理」

(写真/Getty Images)

健康長寿にはどんな食事が効果的?(写真/Getty Images)

 すべての人が望むであろう「健康長寿」。それを叶える方法として提唱されている方法の1つが食習慣を改めることだ。万病を遠ざけ、細胞レベルで若返る「食べ方革命」を新しく始める場合、どういった方法がいいのか。健康長寿の研究に詳しいイシハラクリニック院長の石原結實さんはいう。

「朝食を抜いて1日2食にするのが最も手軽で効果的です。睡眠時は飲まず食わずのいわば“断食状態”であり、朝起きていきなりその状態から固形物を摂るのは胃腸に負担がかかります。朝は野菜ジュースやしょうが入り紅茶などの液体のみにしてお昼は軽めに、夜は通常通りの内容を腹七分目を意識して食べるのが体のリズムに合っています」(石原さん)

 淡海医療センター病院長で長寿遺伝子研究に詳しい古家大祐さんは、その中身として最適なのは「懐石料理」だと話す。

「理想はいろいろな食材を少しずつ使った懐石料理です。たんぱく質や野菜が多く、炭水化物や糖質は少ない。また、まずは前菜として野菜が出てその次に肉や魚などのメイン。最後にご飯、という食事の順序もポイントになる。ただし懐石料理はボリュームがあるため、少なめにするのを忘れずに」(古家さん)

 量を減らすほかに見逃してはならない大きなポイントは、糖質を摂りすぎないこと。自身もほぼ毎日、約16時間の“プチ断食”を実践しているという高雄病院理事長の江部康二さんはいう。

「血糖値を乱高下させる糖質はできるだけ控えることを推奨します。糖質を摂りすぎると人間の体はどんどん老化していき、病気のリスクも上がります。ご飯やうどん、パンなどの炭水化物は少なめにしてその分、肉や魚、大豆などの脂質とたんぱく質はしっかり摂りましょう。

 お米を豆腐に置き換えるなどするのもいい方法です。最近は回転寿司や牛丼のチェーン店でお米を豆腐やキャベツに置き換えた糖質制限メニューが充実しているため、そうした店を頼るのもおすすめです」(江部さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン