ライフ

健康長寿のための食生活 理想の食卓イメージは「量が少ない懐石料理」

(写真/Getty Images)

健康長寿にはどんな食事が効果的?(写真/Getty Images)

 すべての人が望むであろう「健康長寿」。それを叶える方法として提唱されている方法の1つが食習慣を改めることだ。万病を遠ざけ、細胞レベルで若返る「食べ方革命」を新しく始める場合、どういった方法がいいのか。健康長寿の研究に詳しいイシハラクリニック院長の石原結實さんはいう。

「朝食を抜いて1日2食にするのが最も手軽で効果的です。睡眠時は飲まず食わずのいわば“断食状態”であり、朝起きていきなりその状態から固形物を摂るのは胃腸に負担がかかります。朝は野菜ジュースやしょうが入り紅茶などの液体のみにしてお昼は軽めに、夜は通常通りの内容を腹七分目を意識して食べるのが体のリズムに合っています」(石原さん)

 淡海医療センター病院長で長寿遺伝子研究に詳しい古家大祐さんは、その中身として最適なのは「懐石料理」だと話す。

「理想はいろいろな食材を少しずつ使った懐石料理です。たんぱく質や野菜が多く、炭水化物や糖質は少ない。また、まずは前菜として野菜が出てその次に肉や魚などのメイン。最後にご飯、という食事の順序もポイントになる。ただし懐石料理はボリュームがあるため、少なめにするのを忘れずに」(古家さん)

 量を減らすほかに見逃してはならない大きなポイントは、糖質を摂りすぎないこと。自身もほぼ毎日、約16時間の“プチ断食”を実践しているという高雄病院理事長の江部康二さんはいう。

「血糖値を乱高下させる糖質はできるだけ控えることを推奨します。糖質を摂りすぎると人間の体はどんどん老化していき、病気のリスクも上がります。ご飯やうどん、パンなどの炭水化物は少なめにしてその分、肉や魚、大豆などの脂質とたんぱく質はしっかり摂りましょう。

 お米を豆腐に置き換えるなどするのもいい方法です。最近は回転寿司や牛丼のチェーン店でお米を豆腐やキャベツに置き換えた糖質制限メニューが充実しているため、そうした店を頼るのもおすすめです」(江部さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン