芸能

『ちむどんどん』仲間由紀恵を表敬訪問した“鎌倉殿の2人”にスタジオどよめき

仲間由紀恵の撮影現場に“大物ゲスト”がサプライズで訪れたという(時事通信フォト)

仲間由紀恵の撮影現場に“大物ゲスト”がサプライズで訪れたという(時事通信フォト)

 4月11日にスタートしたNHKの朝ドラ『ちむどんどん』。初回から世帯平均視聴率は16.7%と前作『カムカムエヴリバディ』の初回を上回る好調な滑り出しとなった。

 なかでも注目を集めるのが、ヒロイン・黒島結菜(25)の母親として約3年ぶりのドラマ出演となる仲間由紀恵(42)である。

 沖縄本土復帰50周年に合わせて制作されたこのドラマは米国統治下の沖縄が舞台。沖縄出身の彼女はこのドラマに並々ならぬ熱意で臨んでいるという。

「彼女は撮影入りする前に、返還前の沖縄について書かれた本を読み込み、さらに当時を知る人々に聞き込みを重ねるなど、入念な準備をしたそうです。すでにドラマで明らかになった通り、彼女の演じる母親は壮絶な戦争体験を経て、戦後を力強く生きている。沖縄出身として、その歴史を含めてしっかり伝えていきたいという覚悟を感じます」(NHK関係者)

 そんな仲間の撮影現場に“大物ゲスト”がサプライズで訪れたという。

「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演中の小栗旬さん(39)と山本耕史さん(45)です。実は『鎌倉殿』と『ちむどんどん』の撮影スタジオは隣同士なんです。廊下で顔見知りの役者同士は挨拶を交わしますが、大物たちが行き交うなか、若手は『紹介もされていないのに挨拶していいのか。でも見ないふりもどうなのか……』とやきもきしていた。その雰囲気を変えるため、2人が旧知の仲間さんの元を訪れ、現場をリラックスさせたそうです。

 小栗さんたちは撮影中のため直垂姿。やんばるの民家に突如、時空を超えて出現した鎌倉武士にスタジオはどよめいたといいます」(同前)

 仲間と小栗といえば、2002年、ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)で共演。仲間演じる熱血教師と不良生徒たちとの交流を描いた同作で、若手時代の小栗は金髪に学ラン姿で仲間に反発する教え子を演じた。

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン