スポーツ

今の阪神「最弱の暗黒期」とどっちが弱い?1987年は37.5ゲーム差の最下位

戦力的には当時より今のほうが充実しているように見えるが…(矢野燿大監督=右。時事通信フォト)

戦力的には当時より今のほうが充実しているように見えるが…(矢野燿大監督=右。時事通信フォト)

「いったい、どこまで負け続けるのか……」。ファンからはそんなため息混じりの声も聞こえてくる。4月20日、阪神がDeNAにサヨナラ負けを喫して3連敗。22試合を終えて3勝18敗1分、勝率1割4分3厘でリーグ最下位を独走している。首位・巨人には11.5ゲーム差を付けられ、早ければ30試合目の4月29日に自力優勝の可能性が消滅するという“非常事態”になってきた。プロ野球担当記者が話す。

「巨人が8連勝して、阪神が8連敗するという仮定の話ですから、実際には4月中の自力V消滅はないでしょう。しかし、開幕から1か月も経たないうちに、そんな話題が出ること自体、とんでもないこと。去年はゲーム差なしの2位で、今年も優勝争いをすると思われていましたから」

 今年の弱さに“暗黒期”を思い出すファンもいるだろう。阪神は2リーグ分裂後の優勝回数5回と少ないが、1970年代半ばまではAクラスの常連だった。1978年に球団史上初の最下位に転落するも、1985年には日本一に輝いて猛虎フィーバーが起こった。しかし、その2年後から暗黒期が始まった。2003年に星野仙一監督で優勝するまでの間、16年間で15回のBクラス、そのうち10回の最下位と散々な成績だった。

「特に、吉田義男監督の1987年は弱かったですね。4番の掛布雅之が前年の故障から急激に衰え、この年は腰痛も発生して二軍落ちするなど絶不調だった。元々、強くなかった投手陣は外国人のマット・キーオが孤軍奮闘した以外は目立たなかった。6月に札幌円山球場で連敗した時は細川たかしの『北酒場』に引っ掛けて、『北墓場』と見出しを打つスポーツ紙もありました。終わってみれば、球団史上ワーストの勝率3割3分1厘、優勝の巨人とは37.5ゲーム差を付けられた。2年前の天国から地獄に落ちた吉田監督は1985年からの5年契約だったにもかかわらず、事実上の解任となりました」

 そんな最弱の1987年でも、22試合消化時点では6勝14敗2分で、勝率は今年の倍以上の3割あった。当時の戦力を見ると、20代のレギュラーは捕手の木戸克彦と遊撃手の平田勝男しかおらず、投手陣も山本和行、福間納、伊藤文隆などは30代で峠を越えていた印象もあった。28歳で中堅の池田親興は来日したばかりのボブ・ホーナーに1試合3ホーマーを打たれるなど調子が上がらず、2年目の遠山昭治の故障など誤算も重なった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン