芸能

「ピラニア軍団」の反骨“火だるまでプール”の撮影も平気な顔で「やりましょう」

ピラニア軍団のアニキ分でもあった渡瀬恒彦

ピラニア軍団のアニキ分でもあった渡瀬恒彦

 歴史ある日本映画史において、彼らほど脚光を浴びた「脇役」たちはいないだろう。川谷拓三(享年54)、室田日出男(享年64)、志賀勝(享年78)、岩尾正隆(79)、野口貴史(享年81)、小林稔侍(81)らが名を連ねる俳優集団「ピラニア軍団」。どんな危険な撮影も厭わず、公私ともにどう猛そのものだった彼らの反骨精神を振り返る──。(文中敬称略)【全4回の第2回。第1回から読む

火だるまでプールに飛び込む

 アウトサイダー役を地で演じられるとはいえ、ピラニア軍団はそれまで本格的な演技を求められることはなかった。そんな彼らに熱血指導したのも映画監督の深作欣二(享年72)だった。

「成瀬、役者は台本のセリフをそのまま言うだけなら子役と同じだぞ」

『仁義なき戦い』シリーズの撮影中、深作が俳優の成瀬正孝(72、当時の芸名は成瀬正)にこう声をかけた。

「『お前がセリフを読んで役になりきり、感じたことを表現しろ。それが出過ぎたら俺が切ってやるから』とサクさん(深作監督)に言われたことを今でも覚えています。自分のイメージに合うまで何度もテイクを重ねる厳しい監督で、映画『柳生一族の陰謀』(1978年)を撮る際、俺が馬に乗る稽古をサボっていたら、『このバカヤロー!』と怒鳴られて、役を降ろされたこともあった」(成瀬)

 陽の当たらない場所にいた脇役が、巨匠から演技を指導されて重要な役を任される。意気に感じたピラニアたちは、身体を張って撮影に臨んだ。

 仁義シリーズ2作目の「広島死闘篇」で深作から減量を命じられた川谷拓三(享年54)は20日間で15kg体重を落とした。しかしボートで海中を引きずり回されるシーンで体力がもたなくなり、危うく死にかけたという伝説を持つ。

「サクさんからすれば、ピラニアの連中ならどんな要求にも応えてくれて、自分がイメージした以上の演技をやってくれる感覚があったんじゃないかな。だからサクさんは、仁義シリーズをはじめとする監督作品でピラニアの連中をよくキャスティングしてくれたんだと思います」(同前)

 深作は当時のインタビューで、ピラニア軍団の反骨精神をこう称賛している。

〈出番は少なく、顔を出したにしても、スグにドブの中に顔突っ込んで死なないかん。馬鹿呼ばわりされ、腹ん中じゃ“コンチクショー、殺したろか”と叫びながらも、投げ出さんと、最後までついてくる。いい性根しとるんだなー、奴らは〉(『女性自身』1976年9月30日号)

関連キーワード

関連記事

トピックス

山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
ファーストサマーウイカ(右)の大叔父はファッション評論家・石津謙介さん(時事通信フォト)
《『光る君へ』清少納言を好演》ファーストサマーウイカの大叔父は“メンズファッションの神様”だった「カジュアルという言葉の生みの親」
週刊ポスト
妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン