国内

小室圭さん「さらにロン毛に」眞子さんは結婚指輪を外して「夫婦の現在地」

ニューヨーク生活も長い小室氏

さらに長くなった髪、ニューヨーク生活を続ける小室さん(4月14日)

 最新の近影が、にわかに物議を醸し始めている。4月13日(現地時間)、米国ニューヨークで暮らす小室圭さん(30才)がニューヨーク州司法試験を再受験したが、不合格だったことが報じられた。その直後の彼の様子を『女性セブン』が捉えている。

 不合格が判明した後もスーツにノーネクタイ、そして変わらず、ロングヘアを後ろで束ねたスタイルで出勤していた小室さん。その翌日には、自宅から出てきた眞子さんは、やや疲れた表情で病院へと向かった。

「2人とも、結婚会見の際に左手薬指につけていた指輪をしていません。よもや、夫婦仲が不穏になったからというわけではないと思うのですが、今のタイミングだと、こんな細かいところまで気になり、行く末を案じてしまいます」(皇室ジャーナリスト)

 小室さんは、昨年までの米国留学を支援してくれていた奥野善彦弁護士に、電話で「合格点に5点足りず、とても無念です。次は7月に挑戦します。しっかりと頑張ります」と、報告したという。

 ある皇室記者は「正直、秋篠宮さまや眞子さんのご家族にとっては、この現状は想定外のはずです。昨年10月のご結婚直後に、最初の不合格を知らされたときから、心配をされていることでしょう」と話す。

 統計的には、2回連続で不合格だった人が、その後に合格する可能性はさらに低いと見られる。「周囲の心配が増す中、小室さんの報告の言葉から伝わるのは、メンタルの強さ。強気というか、マイペースというか。この性格だからこそ、どれだけの逆風でも眞子さんとの結婚にこぎつけられたのだと、再認識させられますが…」(前出・皇室ジャーナリスト)

 結婚直前に、ばっさり切って整えた髪も、どんどん伸ばして再び長髪のポニーテールに。一見、以前のポニーテールよりも長く見える。まさに周囲の雑音は我関せずといったスタイルだ。

 ただ、計画通りに事を進められないことで、必然的に周囲はサポートに奔走されて、眞子さんも動かざるを得なくなっている。

『女性セブン』(4月7日発売号)が詳報している通り、眞子さんはニューヨークメトロポリタン美術館(MET)のウェブサイトに、異例の署名入り解説文書を公開。これはボランティアだったようだが、仕事を始める第一歩を踏み出したとみられる。

関連記事

トピックス

木本慎之介さん
【メディア初インタビュー】西城秀樹さん長男・木本慎之介さんが明かす父の記憶「まったく飾らない人だった」
女性セブン
大関・貴景勝(左)と大関・霧島の「綱取り」を巡るムードに大きな違い(時事通信フォト)
大関・霧島「綱取りムード」の盛り上がりが貴景勝と大違い 勝ち星の数だけでなく“親方の立場の違い”も影響
週刊ポスト
いじめが発覚した山形県酒田市立第一中学校
《酒田・女子中学生自死の中学で再びいじめ》女子生徒に「4(死)んだら?」「友達の8割はお前のこと嫌っている」SNSに誹謗中傷で学校は“警察案件”と警告
NEWSポストセブン
騒動はどのような結末を迎えるのか(左から田中将大、安楽智大/時事通信フォト)
《楽天・安楽智大がパワハラで自由契約》田中将大にも波及するなか、スポーツ紙が削除していた「文言」
週刊ポスト
女児が転落したとされたジャングルジム
「息子の尿をコンドームに入れて隠し持ち、任意提出した」覚醒剤所持で有罪判決を受け、子供をネグレクト状態に置いていた母親の言い分
NEWSポストセブン
羽生結弦(時事通信フォト)
【羽生結弦「105日間の新婚生活」の真相】母親はお相手を“完無視”か、“追い出し部屋”と化していた愛の巣
女性セブン
懸命なリハビリが続く西川史子
【全文公開】西川史子、今年6月に脳出血再発で懸命なリハビリの日々 父が語る現在の状態
女性セブン
アン・シネ
日本ツアーにアン・シネが戻ってくる! QTはパンツスタイルも、来季は「膝上30センチのミニスカ」が復活濃厚
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
記録ずくめのシーズンを送った大谷翔平(写真=AP/AFLO)
記録ずくめだった大谷翔平の2023年 打者専念の来季は「60本塁打」「三冠王」も夢ではない
週刊ポスト
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン