国内

吉野家不適切発言の後、店頭で暴言を浴びるバイト学生の胸のうち

2018年まで築地市場内にあった「吉野家」の1号店(時事通信フォト)

2018年まで築地市場内にあった「吉野家」の1号店(時事通信フォト)

 世の中、誰かを罵倒したい人であふれている。社会的に非難されるようなことが起きたとき、その事象を起こした当事者へ過剰に責任を負わせようとしたり、責任をとりようがない立場の関係者を罵ったりする人が少なくない。吉野家の元役員による不適切発言が公になって以来、なぜかアルバイト店員まで怒声を浴びせられる理不尽なことが起きている。俳人で著作家の日野百草氏が、店員へのハラスメントが繰り返されている吉野家アルバイト学生に、胸のうちをきいた。

 * * *
「吉野家の牛丼そのものに問題はありません。バイトが偉そうに、と思われるかもしれませんが、自信をもって美味しいと言える商品です」

 日本を代表する国民食であり、ひとつの文化として愛されてきた牛丼チェーン「吉野家」、筆者の知人にもかつて働いていた人、いまも働く人がいる。みなさんの周辺にもいることだろう。なにしろアルバイトも含め約2万人を超える人が吉野家で働いている。その大半はアルバイト(パート従業員)だが、待遇も含めて評判のいいバイト先でもあり、いまもそうだろう。それに牛丼、とにかく美味しい。

「それなのにひとりの(元)役員のために大変なことになりました。私たちはなにも悪くないのに」

お客様から直接言われるのは私たち

 20代の学生アルバイトである彼はコロナ禍も吉野家で働いてきた。彼のことは中学時代から知るが、顔つきといい話し方といい、学生アルバイトとはいえ社会で働くということはこんなに人を成長させるのか。これも吉野家の歴史ある従業員教育の賜物だろうが、そんな吉野家が彼の言う通り、たったひとりの役員(当時。以下、元役員とする)のために大変なことになってしまった。

「お客様から直接言われるのは私たちです。SNSでも日本中の吉野家の店員が悲鳴を上げています」

 本稿、アルバイトとはいえ従業員である。業務上の差し障りある内容はすべて書かない約束をしているし、そもそも本旨ではない。ただ伝えたいことは、ただひとりの元役員が不適切な発言をしただけで、従業員はもちろん吉野家の味とも関係がないということ。彼もただそれだけを伝えたい一心であり、筆者もそうである。

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン