国内

論破ブームを専門家が分析「言いたいことを言えない」人に支持されるひろゆき

「ひろゆき」こと西村博之氏(時事通信フォト)

「ひろゆき」こと西村博之氏が指示される理由とは?(時事通信フォト)

「それって、あなたの感想ですよね?」「そういうデータあるんですか?」──テレビやインターネットを飛び越え、「論破好き」が私たちの身近な世界にも出没している。会話でマウントを取る新たな強敵は、想像以上に手ごわそうだ。5才の娘を持つ九州在住の小松晴奈さん(仮名・41才)は、「論破ブーム」で友達を失った。

「高校時代の友人で集まって、お花見をやろうという話になったんです。どこの公園がいいかグループLINEで話し合い、駐車場が広くて、子供への目が行き届く某公園にしようと決まりました。

 ところが、後になってA美が『別の公園がいい』と言い出したんです。その公園は有名なのですが、街中で人も多く、いわば大人のデートコースとして人気の場所。A美は子供がいないので、そのあたりの事情がピンとこないのだろうと思って説明していたら、『じゃあ、こちらも論破しますけど』と宣言して一方的な主張をし始めた。

 それにカッとなった別の友人が反論して、LINEは大論争になり、最終的にA美はLINEのグループを抜けました。学生時代は『論破』なんてしたがる子ではなかったのに、よほどストレスがたまっていたのでしょうか……」

 日常生活で、「論破」という言葉を耳にすることが珍しくなくなった。もともと、インターネット掲示板「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」を中心に多用されていたワードだったが、2015年には『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)の番組内で誕生したキャラクター・イヤミ課長が言い放つ「はい、論破!」という決めぜりふが人気となり、同年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされた。

 さらに最近では、2ちゃんねるの創設者であり、討論相手を独自の見解とトーク術で言い負かす「ひろゆき」こと西村博之さん(45才)が「論破王」と呼ばれ、ひろゆきさんの動画が子供たちの間でも大人気となっている。

 しかし、当のひろゆきさんは、昨年、インターネットテレビ局・ABEMAのニュース番組に出演した際、「ぼくは『はい、論破』と言ったことは一度もない。だれかを論破するみたいなことを言ったことも一度もない」と明かした。エグゼクティブ・スピーチコーチ&コミュニケーション・ストラテジスト(戦略研究家)の岡本純子さんは、昨今の「論破ブーム」をこう分析する。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト