国内

論破ブームを専門家が分析「言いたいことを言えない」人に支持されるひろゆき

(写真/時事通信社)

「論破王」と呼ばれる「ひろゆき」こと西村博之(写真/時事通信社)

「いまの日本では、論理立てて物事を述べる能力を“論破”と表現し、非常に肯定的に捉えていると感じます。確かに、論理的に話を組み立て、相手を説得していく力は必要です。しかし、論破と説得は似て非なるもの。相手の同意を求める説得と違い、論破は文字通り相手を“破る”行為です。言葉で相手を打ち負かし、自分の正当性を周囲に見せつける“言葉のプロレス”です。

 日本人は、同調圧力などで日頃から言いたいことを言えずにがまんしている人が多い。言いたいことをはっきりと言う、ひろゆきさんのような人たちを『カッコいい』と思うのでしょう」

 コミュニケーション研究家で心理学者の藤田尚弓さんは、論破好きな人たちに浮かび上がる不安を指摘する。

「本来、日本人は“和を以て貴しと為す”国民性で、自分の意見を述べることはあまり望ましいとされなかった。

 一方、欧米人は議論が好きで、アメリカでは自分の意見をプレゼンする『ショー・アンド・テル』の授業を子供の頃から学校で行います。こうした欧米の影響もあり、近年は日本でも、国際的に活躍するには自分の意見をはっきり言うことが大事という風潮に変わってきました。

 しかし、本当に国際社会で活躍している人たちは多様性を受け入れる協調性も持ち、『相手を言い負かそう』とは考えていません。いつの時代も、どこの国でも論破したがる人たちはいるもので、相手より優位に立ちたい思いや自己愛が強く、攻撃性がある。これは教育の影響というより、個人の性格の特性に問題があると感じます」(藤田さん)

 さらに、年功序列の意識が強い日本では不平等な議論が起こりやすく、会社の会議でも、まるで「論破」のショータイムのようになってしまう。

「ディスカッションする能力が高いアメリカ人の場合、会社でも対等な立場として討論して、その会議が終わったら『有意義な時間だった』とさっぱりしています。ですが、日本の場合は上司など力のある人が一方的に言いたいことを言うだけの場面が目立つ。言い返す人がいたとしても、けんかのようになって禍根が残りやすい。だから、何か言いたいことがあっても口をつぐむべきだと、ますます不平等になってしまいます。

 コミュニケーションを科学的に分析したとき、自分の意見を一方的に主張しても相手の心を変えることは不可能といわれます。会社や家庭で論破が役立つ可能性は低く、むしろトラブルの引き金になります」(岡本さん)

※女性セブン2022年5月5日号

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト