国内

知床遊覧船社長、海の知識は不十分 コンサル男性が絶賛していた「芸術的感性」

知床遊覧船のホームページには「KAZU1」の写真が掲載され続けている

知床遊覧船のホームページには「KAZU1」の写真が掲載され続けている

 北海道斜里町の知床半島沖で観光船「KAZU1(カズワン。1は本来はローマ数字)」が沈没した海難事故。悪天候が予想される中でなぜ出港を強行したのか、同船の運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長の責任が問われている。経営姿勢や危機管理の甘さを指摘する声は以前からあったというが、桂田社長とはどんな人物なのか。

 事故が起きた4月23日、午前の時点で強風注意報や波浪注意報が出ており、地元漁師たちは長年の経験から危険を予測し漁に出ることを見合わせていた。しかし「KAZU1」は、同日10時にウトロ港を出港。子ども2人を含む乗客24人と乗組員2人のうち、4月27日までに11人が死亡、15人が安否不明となっている。

 桂田社長は4月27日に記者会見を開き、「(当日の出港は)最終的に判断はすべて私」だと説明。当日午後からは荒れる可能性があると把握していたというが、午前の航行に関しては船長から「出港可能」との報告を受けたとし、自身もウトロ港の風や波の状況から「通常通り問題ない」と判断したという。

 ただ、こうした桂田社長の言葉に、漁業関係者は首を傾げる。

「桂田社長が遊覧船を買い取ったのが6年前だといいます。自ら天気図も読めると言っていましたが、その程度で、多くの人の命を預かる遊覧船の出港を判断するために十分な知識や経験があったかは疑わしいところです。それに今回舵をとった豊田徳幸船長は水上バスなどの操縦経験はあるものの操船経験は浅かったようですから、船長を任せたという判断も疑問です」

 桂田社長の経歴はこうだ。メディア関係者が語る。

「地元斜里町に代々伝わる家の出で、父はホテルチェーン『しれとこ村』グループの元会長、桂田鉄三氏。同町の町議も長年にわたって務めた地元の名士です。その鉄三氏の旅館業を引き継いだのが長男である精一氏ですが、それ以前は、陶芸家として活動していました。東京のデパートで個展を開いたこともあり、家業を継ぐために地元に戻るまではその道を進んでいたようです」

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン