スポーツ

平松政次氏 佐々木朗希の名球会入りに向けて助言「しっかり走り込んで」

平松政次氏は佐々木朗希をどう見るか

平松政次氏は佐々木朗希をどう見るか

 前代未聞の完全投球で無限の可能性を感じさせるロッテ・佐々木朗希(20)。球界のOBはどのように佐々木の活躍を見守っているのか。

 V9時代の巨人相手に勝ち星を量産した大洋のエース・平松政次氏(通算201勝)は「163キロのストレートがメインで、フォークが150キロ。そりゃ打てませんわ」と驚嘆の声をあげる。

「リリースポイントが一定で、ストレートもフォークも同じところで放すからバッターは狙いが絞れない。体の大きさ、腕の長さ、腕の振りの速さ、筋肉の強さなどが複合してあのスピードになっている。我々の時代を遥かに超えていますよ。あのフォームで中学時代から投げてきたんでしょうが、直球のスピードが鈍る歳になるまで同じスタイルでやっていけばいい。バッターも研究してくるだろうけど、投げ損ないを見逃さずに打たないと、外野にもボールが飛ばない状況が続くと思うよ」

 この先に「また何度も完全試合のチャンスがあると思う」と語る平松氏は、今季の登板で「ストレートが何球かシュート回転していたことだけが気になる」と付け加えた。

「シュート回転は体が突っ込んで手が遅れるかたちで投げると生じるもので、失投になりかねない。特に右ピッチャーが左打者の内角にストレートを投げた時にシュート回転して真ん中にいくと、一流の打者は見逃しません。もちろん佐々木の場合は160キロの直球だから多少のシュート回転でも打たれていないが、これがズバッと左打者の内角、右打者の外角に決まり続けるようになれば、バッターは手も足も出ない」

 現役時代は“カミソリシュート”を武器にした平松氏だが、その決め球はストレートを意識してシュート回転させるイメージだったという。

「意識してストレートをシュート回転させるのと、意図せざるシュート回転とでは天と地ほど違う。佐々木もそこは課題だと思います」

 12年連続2ケタ勝利をあげた平松氏は、佐々木の名球会入り(通算200勝以上)に向けては「とにかく練習をやること」とシンプルな答えだ。

「しっかり走り込んで、投げ込んで、トレーニングする。これだけです。シーズン中も含め一年中走っていないといけない。私も走って疲れをとりましたが、鍛えてマイナスなことはひとつもない。今の佐々木の投げ方は肩やヒジに負担がないんです。そうでなければ8回に163キロなんて投げられませんよ。佐々木は日本の宝です」

【プロフィール】
平松政次(ひらまつ・まさじ)/1947年生まれ。1967年に大洋に入団。1970年には25勝(6完封)をあげ最多勝に輝く。3者連続3球三振の記録も。通算201勝。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン