国際情報

ノーベル平和賞の劉暁波氏のブロンズ像が香港から撤去 台湾で展示へ

劉暁波氏のブロンズ像が香港から撤去され、台湾に移されることが明らかに

劉暁波氏のブロンズ像が香港から撤去され、台湾に移されることが明らかに

 中国の民主化運動指導者でノーベル平和賞を受賞したものの、中国当局に軟禁され、がん治療中の2017年に死亡した劉暁波氏のブロンズ像が、香港から撤去され、台湾に移されることが明らかになった。香港メディアなどが報じた。

 香港では2017年に劉氏が亡くなった際、民主化運動支援団体を中心とした人々が資金を集め、劉暁波氏が椅子に座るブロンズ像を鋳造し、中国の民主化実現のために一生を捧げた劉氏に敬意を表した。

 ブロンズ像は当初、香港中心部の繁華街である銅鑼湾の複合ビル「タイムズスクエア」前に置かれていた。しかし、香港政府の圧力が強まり、中国の民主化推進団体である「中国愛国民主運動支援香港連盟」が昨年、解散に追い込まれたことで、ブロンズ像の撤去を余儀なくされた。その後、ブロンズ像は倉庫に入ったままになっている。

 これに知った台湾の民主化団体「中国民主協会」が今年6月4日の天安門事件33周年記念として、ブロンズ像を引き取って、台湾での民主化促進の講演会などで展示する意向を示した。同協会はその後、中国の民主化推進のための博物館を建設し、劉氏のブロンズ像も博物館に常設展示される予定だ。

 同協会の曾建元会長は「劉暁波氏のブロンズ像を展示することで、中国大陸でも、このような思想家や人権活動家がこれからも生まれ得ることをより多くの台湾の人々に知ってもらいたい。また、台湾の人々がこのことを認識し、中国の人権の発展をさらに願い、行動を起こすことを望んでいます」などと語っている。

 このような曾氏の発言について、香港ではネット上で「今年、香港大学に置かれていた天安門事件を描いた『恥柱』という彫刻が撤去され、さらに、劉暁波氏のブロンズ像が台湾に渡るなど、香港では民主化をテーマにした彫刻さえ、人間と同じように弾圧されてしまうのか」などと当局の民主化抑圧姿勢を皮肉るコメントが見られている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
にこやかな表情を見せる清宮幸太郎
両親の迎えで笑顔になった日ハム・清宮幸太郎 ファンのサインに応じる“神対応”現場
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン