芸能

長澤まさみ&佐藤健が池袋に出現し騒然 初共演作は切ないラブストーリー

長澤まさみと佐藤健が池袋に!

長澤まさみと佐藤健が池袋に!

 先を急ぐ男性と後を追う女性。一定の距離を保ちながら足早に歩を進める。男性がマンションの前で立ち止まり、ドアに手をかけて到着を待つ。駆け寄る彼女。ピタリと密着し、2人は仲よくマンションに入っていった──。

 4月中旬の東京・池袋。周囲を警戒するようにマンションへと消えた2人を、目撃した歩行者が次々と足を止めた。それもそのはず、この男女は長澤まさみ(34才)と佐藤健(33才)だった。目撃者が興奮気味に話す。

「まさかあの2人がいるなんて思いませんでした。私みたいに立ち止まって見ていた人が20人はいたと思います。映画かなんかの撮影だったのかな。カットがかかると長澤さんが佐藤さんにボディータッチしていて、佐藤さんは笑顔で返していました。そのやり取りが自然体で、まるで本物のカップルみたいでしたよ」

 大物俳優の“逢瀬”を目撃した人たちは、この撮影現場からビッグプロジェクトの空気を感じたという。確かに近年の長澤は、大作映画への出演が続いている。今年1月に公開された主演映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』は興行収入28億円を超える大ヒットを記録。5月には主要キャストを務める『シン・ウルトラマン』、9月に菅田将暉(29才)と共演する『百花』の公開を控え、来年公開予定の『ロストケア』では松山ケンイチ(37才)と初共演する。

 昨年夏には女優デビュー20周年を記念した写真集を発売。現在放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ではナレーションを担当するなど、活動の幅も広げている。

「長澤さんは年に2~4本のペースで映画に出演しながら、テレビドラマや舞台の仕事も精力的にこなしてきました。これだけハイペースで仕事を続けるのは、より大きなこと、より新しいことに挑戦していきたいという気持ちがあるからでしょう」(映画関係者)

 現在撮影中の映画は、まさに“新しい挑戦”になりそうだ。意外だが、佐藤とは映画初共演だという。

「過去にテレビCMで共演していますが、映画では初なんです。ただ、お互いに存在を強く意識する間柄だったと思いますよ。いまから7年前、韓国の釜山国際映画祭で、アジアのスターを国際映画市場に売り出すイベントが開催されました。その“日本代表”として選ばれたのが、長澤さんと佐藤さんなんです。

 その後も、“代表”にふさわしい活躍を続けてきた2人の初共演です。映画関係者の間では、“ようやく実現したか”といった印象ですね」(前出・映画関係者)

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン