ライフ

【著者インタビュー】奥田亜希子さん、夫婦の秘密を描く『求めよ、さらば』を語る

奥田亜希子さん

不妊治療を始めた夫婦のコミュニケーションと秘密を描いた恋愛小説を書いた奥田亜希子さん

【著者インタビュー】奥田亜希子さん/『求めよ、さらば』/KADOKAWA/1760円

【本の内容】
34歳、翻訳家の志織と、ソフトウエア開発会社に勤める誠太は結婚7年目。《誠太は優しい。交際を始めた社会人一年目の四月から、十二年間ずっと。私は彼に傷つけられたことがない》。そんな穏やかな日々が、不妊治療をきっかけに少しずつ形を変えていく。期待をしては絶望する日々。誠太は言う。《僕は志織を支えきれなかったんだなと思うと、申し訳なくて》。そして置き手紙を残して姿を消した—2人の出会いを描いた第2章、そして現在に戻り、再び交わる第3章へ。夫婦の選択が胸に迫る恋愛小説。

「惚れ薬」を使う人、使われる人を書きたかった

 夫婦の間の「秘密」を描く、一風変わった恋愛小説である。志織と誠太のカップルはともに34歳。結婚して7年になり、そろそろ子どもを、と思うが授からない。不妊治療を始めているが、これといった原因はどちらにもない。

 料理もすれば、不妊治療でも妻に寄り添う誠太は、優しい夫だ。志織の女友だちからも「よくできた旦那」「完璧な旦那」と言われるが、ある日、思いがけない行動に出て、志織を驚かせる。小説は3章構成。1章が現在の2人を、2章が出会ったころを描き、3章で再び現在に戻る。

「最初は、ふつうに時系列順に書いていたんです。大学生の志織と誠太は、アルバイト先の居酒屋で出会って、つきあうようになるんですけど、ある程度、書いたところで編集者のアドバイスを取り入れて2章と1章を入れ替えました。ちょっと変わった恋愛小説だと受け取られるのは、そのせいかもしれません」

 なかなか妊娠できない志織は、さまざまなジンクスを試したり、ヒーリングセラピーを受けたりする。

「原因がわからないつらさもあるんじゃないかと思いました。志織は自然妊娠したい気持ちもあって、次の段階に進めない。実際に、原因不明の不妊というのは多いそうです」

 不妊治療の医者がなにげなく言った、「夫婦間の相性」という言葉が、2人の関係に影を落とす。自分以外の相手であれば、と考えさせ、誠太を過去のできごとに引き戻す。

関連キーワード

関連記事

トピックス

あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン