ライフ

俳優・升毅が伝授するタンドリーチキン ビールと相性抜群で簡単な一品

下味をつけた鶏肉をフライパンで焼くだけ「タンドリーチキン」

下味をつけた鶏肉をフライパンで焼くだけ「タンドリーチキン」

 俳優・升毅は、自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』を月2回ほど開催する料理好きだ。そんな升が、『週刊ポスト』の連載『居酒屋ますや』でビールと相性抜群でジューシーかつスパイスの効いた「タンドリーチキン」の作り方と、その美味さを、明かしてくれた。レシピとともに紹介する。

「ビールと相性抜群のタンドリーチキン。インド料理屋さんで食べるイメージでしたが、試しに作ったら意外と簡単。以来、フライパン一つでできるタンドリーチキンは、「ますや」の定番になりました。鶏肉をヨーグルト入りの調味料につけ込むことで、柔らかくジューシーに仕上がります。焼いている時の香りも最高! ぜひ作ってみてください」(升)

下味をつけた鶏肉をフライパンで焼くだけ「タンドリーチキン」

■材料(2~3人分)
鶏もも肉(一口大)…500g
A[カレー粉…小さじ山盛り3、クミンパウダー…小さじ山盛り1、チューブのにんにく… 小さじ1、チューブのしょうが…小さじ1、塩…2つまみ、粗びきこしょう…2つまみ、プレーンヨーグルト(無糖)…大さじ2、トマトケチャップ…大さじ3、オリーブオイル…適宜]

■作り方
【1】チャック付きポリ袋に[A]を入れ、鶏肉を加える。手でよくもんで下味をつけ、冷蔵庫に1時間以上おく。

手でよくもんで下味をつける

手でよくもんで下味をつける

【2】フライパンにオリーブオイルを熱して【1】の鶏肉を入れ、中火で皮目から焼く。焼き目がついたら肉を裏返し、ふたをして弱火で5~6分ほど焼いて中まで火を通す。

フライパンにオリーブオイルを熱して、中火で皮目から焼く

フライパンにオリーブオイルを熱して、中火で皮目から焼く

【3】皿に【2】を盛りつけ、お好みでレモン、生野菜などを添える。

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ。東京都出身。近畿大学在学中に演劇を始め、1985年に演劇ユニット「賣名行為」を結成。1991~2002年は劇団「MOTHER」を主宰。主演ドラマ『旧車探して、地元めし』が映画・チャンネルNECOで放送中。

YouTubeで動画公開中。
https://www.youtube.com/channel/UC-DmGAqCEZMypBwgMncP1tQ

撮影/小林大介

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン