国際情報

【現地ルポ】報道陣のために遺体の収納袋を開いた「ウクライナ人たちの思い」

ブチャにある教会の裏手に並んだ遺体

ウクライナ・ブチャの聖アンドリュー教会の裏手には遺体が安置されている袋が置かれていた

 ロシアによるウクライナ侵攻の開始から2か月あまり。ウクライナは必死の抵抗を続けているが、ロシアは東部ドンバス地方での攻勢を強めており、支配地域を拡大しつつある。そんな中で、ウクライナ人たちは世界から訪れる報道陣に現実を知ってもらおうと奮闘していた──。現地を取材するノンフィクションライターの水谷竹秀氏がリポートする。
 * * *
 その日は雨が降っていた。大勢の報道陣が現場に到着すると、遺体が入った黒い収納袋がぬかるんだ地面に十数体並んでいた。しかも収納袋はファスナーが開いたままで、遺体の腹部や足などの部位が丸見えである。

 ここはウクライナの首都キーウ近郊の町、ブチャ。人口約4万人のこの町は3月、ロシア軍に占拠され、多くの民間人が虐殺されたと言われる。その遺体の一部が、ブチャ中心部の聖アンドリュー教会の裏手に集団埋葬されていた。すでにキーウ入りしていた私は4月8日、ウクライナ政府主催のメディアツアーに参加し、この現場を再訪していた。間もなく、キーウ州警察代表のネビトフ氏が報道陣の前に現れた。隣には英語が流暢な女性の通訳者付きだ。欧米メディアに配慮してのことだろう。ネビトフ氏が力を込めて言った。

「ここに40体の遺体が集団埋葬されている。大半が民間人で、遺体には銃弾の痕が残っていた。これはロシア軍による明らかなジェノサイドだ」

 取り囲んでいた報道陣は、100人程度はいたと記憶している。ロシアに一方的に侵攻されたウクライナ側からすれば、被害の実態を世界中に知らしめる絶好の機会だ。

 後に、同じ現場にいた日本の報道関係者から、こんな話を聞いた。

「私たちが現場に到着した時、遺体の収納袋は閉じられていたんです。ところがしばらくしたら、開いていたんですよ」

 私が見た時はすでに開いていたから、最初の閉じられた状態には気づかなかった。もしこの言葉の通りであれば、ウクライナ側は、大勢の報道陣を前に、意図的に収納袋を開けたことになる。その行為に、ウクライナ側の思いの強さを感じずにはいられなかった。

 これは政府だけではない。前線で戦っている国軍兵士はもとより、スポーツ選手、アーティスト、経営者、一般市民を含め、ボランティアとして働く彼らの眩しい姿を目の当たりにすると、ウクライナ国民のほぼ全員が同じ思いを共有しているように見えた。

「ウクライナのため」に何かをしたいという信念──。私が取材で関わったウクライナ人たちからも、そんな強い思いを感じる出来事が何度かあった。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト