ライフ

【書評】『大邱の夜、ソウルの夜』女性たちがうなずくはずの“モヤモヤ感”

『大邱の夜、ソウルの夜』著・ソン・アラム

『大邱の夜、ソウルの夜』著・ソン・アラム

【書評】『大邱の夜、ソウルの夜』/ソン・アラム・著 吉良佳奈江・訳 町山広美・解題/ころから/1980円
【評者】香山リカ(精神科医)

 これは、あなたを試す一冊だ。もしあなたが「韓国のことはわからない」と思っていて、さらに「女性のことはわからない」「マンガはしょせん娯楽」と思っていたとしたら、ぜひこの本を読んでほしい。そう、本書は韓国で生きる女性たちのことを描いたマンガだ。そして描かれているのは、韓国だけではなく全世界の女性たちがうなずくはずの“モヤモヤ感”なのだ。

 自分らしく生きたい。そう思ってがんばっても、女性たちは地元や家族や世間の目に縛られ、なかなか自由に羽ばたけない。結婚、家族の介護の終了などのタイミングで故郷を離れればよいのか、というとソウルのような大都市にはそれなりの厳しさもある。主人公が親の反対を押し切って引っ越したソウルで職場の男性たちから嫌味を言われ、帰りの電車でひとりつぶやくシーンがある。「全然しんどくないよ。本当に。」

「なんだそれ」とそれでも本書を読みたいと思えない人は、だまされたと思ってこれを買って自分の妻か娘にわたして、「どう思う?」と感想をきいてみてほしい。おそらくあなたのいちばんそばにいるはずの彼女たちは、「わかる。私も同じようなことを考えたことがあるの」とあなたがこれまで知らなかった顔を見せてくれるはずだ。

 また、本書にあるような女性どうしの助け合い、支え合いの話しをしてくれるかもしれない。そこからじっくり彼女たちの話を聞けるかどうかが、あなたが本当の意味で妻や娘たちの“人生の同伴者”になれるか否かの分かれ目だ。

 そして本書には、家庭や職場で女性たちを心ない言葉で傷つける男性たちも出てくる。

「子どもが保育園にいる間、何やってるんだよ?」「おまえがやってる仕事、自己満足だろ」「この仕事、向いていないんじゃない?」。そして男どうしとなると「今日は2人でとことん飲むぞ」と上きげん。「もしかして自分も」と反省できたとしたら、それが成長の第一歩だ。あまり身がまえず、まずはぜひ手に取ってみてほしい。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト