ライフ

介護や子育てと併行する人も ライフスタイルに合わせて多様化する「がん治療」

「治るか治らないか」だけが、治療法を決める基準ではなくなりつつある(イメージ)

「治るか治らないか」だけが、治療法を決める基準ではなくなりつつある(イメージ)

 日本人の死因第1位である「がん」。生涯で2人に1人は罹患すると言われる「国民病」。男女で罹患するがんの種類には違いがあるという。

 男性に多い「肺がん」では、先進医療の「重粒子線治療」が選択肢になるケースがある。『親子で考える「がん」予習ノート』(角川新書)の著者で、国際未病ケア医学研究センターの一石英一郎医師が語る。

「がんの治療では、大きな病院が集まる東京などの大都市に住み、仕事の自由が利く患者さんほど選択肢が広がると言えます。そうしたケースでは、例えばステージ1から3の肺がんであれば、重粒子線治療が選択できるかもしれません。有効性の高い低侵襲治療(※なるべく患者の身体に傷をつけず負担を減らした治療のこと)で、治療期間も大体4週間以内と比較的短期間で済みます」

 要介護状態の親がいるなど、治療のために家を空けられないこともある。

「ステージ1の前立腺がんでは、短ければ数日の入院で済み、その後は数か月ごとの通院で済む『ブラキセラピー』という放射線治療を選ぶこともできます」(一石医師)

 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師が言う。

「今は外科手術を含め治療の低侵襲化が急速に進んでいます。昔は開腹手術が必要だった部位も、腹腔鏡手術や内視鏡治療で取ることができる。放射線治療も、今は重粒子線治療があります。先進医療を受ければ、親の介護をして普段通りの生活を送りながら、治療を続けることが可能になると思います。

 生存率という指標以外に、自分のライフスタイルに合わせて治療選択をするのは本来あるべき姿。親の介護を続けたいのであれば、それができる治療法はないか、主治医に相談してみるのがいいでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン