芸能

『ちむどんどん』でニーニー好演の竜星涼 ブレイクしても実家で母と2人暮らし

竜星涼

竜星涼は「ニーニー」役を熱演

 4月11日にスタートした朝ドラ『ちむどんどん』は沖縄が舞台の物語。主人公は4人きょうだいの次女として生まれたヒロイン暢子(黒島結菜・25才)が、「おいしい食べ物」をキーワードに成長していく。そして、4きょうだいの中で、父の亡き後、家族を明るく支えるのが長男の賢秀だ。

 けんかとボクシングに明け暮れて高校を中退した彼は、就職するも仕事が長続きしない。家でゴロゴロする姿に、視聴者からは「しっかり!」の声があがる。一方で、おばあさんを突き飛ばした酔っ払いに立ち向かうなど、正義感あふれる一面も。そんな愛すべき「ニーニー」を好演するのが竜星涼(29才)だ。

 2010年にデビューした竜星が注目されたのは、『獣電戦隊キョウリュウジャー』(2013年・テレビ朝日系)のレッド役だった。183cmの長身を生かしてモデルとしても活動し、2016年にはパリコレデビューを果たした。

「端正な顔立ちですが、賢秀のような三枚目キャラも演じられます。肌の美しさも評判で、2016年に発売したセカンド写真集ではフルヌードを披露してファンを狂喜させました」(テレビ局関係者)

 デビューから今年で12年。華々しいキャリアに見えるが、同世代の活躍を横目に悔しい思いをすることも少なくなかった。

「同じ戦隊ヒーロー出身の山田裕貴さん(31才)や横浜流星さん(25才)は話題作の主演に続々と抜擢されるなか、竜星さんにはなかなかスポットライトが当たりませんでした」(前出・テレビ局関係者)

 苦難の時期を支えたのは芸能界入りのきっかけをつくった母だった。

「進路に悩んでいたとき、矢沢永吉さんの大ファンであるお母さんが、彼の自伝『成りあがり』を竜星さんに渡して鼓舞した。本を読んで『何か輝けるものを見つけたい』と考えていたところ、数日後に原宿で芸能事務所にスカウトされたそうです。

 竜星さんはブレークしたいまも、東京郊外にある実家にお母さんと2人で暮らしています。彼はお母さんととても仲がよく、ライブや映画にも一緒に出かけるほど。いまだに実家から仕事に通っているのは、『自分が家を出ると、母親がひとりになってしまう』と心配してのことだとか」(芸能関係者)

 ニーニーは私生活でも家族思いだった。

※女性セブン2022年5月12・19日号

竜星

竜星涼は実家で母親と暮らしているという

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト