ライフ

頸椎変性疾患にリスクを抑えた 「頸椎人工椎間板置換術」が有効

頸椎変性疾患の治療は選択肢が広がりつつある(イラスト/いかわ やすとし)

頸椎変性疾患の治療は選択肢が広がりつつある(イラスト/いかわ やすとし)

 頸椎椎間板ヘルニアなどの頸椎変性疾患の治療は前方除圧固定術が実施されることがある。これは罹患椎間での神経圧迫を取り除き、頸椎の動きを止め、症状を改善する治療だ。ただ頸椎本来の可動性が制限されるため、固定隣接部での障害が発生するリスクもあった。しかし、現在は頸椎人工椎間板置換術が保険承認され、治療法の選択肢が広がりつつある。

 頸椎は7つの椎体(骨)と椎間板(椎体間のクッション)と、じん帯で構成されている。

 頸椎変性疾患は椎間板が脱出して神経を圧迫したり、加齢で椎間板の中央にある髄核の水分量が減って椎間板が傷み、椎体の並びの崩れや骨の変形(骨棘)、じん帯肥厚を生じることで神経組織を圧迫、様々な症状が現われる。症状は手指の運動障害や歩行障害、膀胱直腸障害などが生じる脊髄症と、手足のしびれや痛み、筋力低下などが起こる神経根症の2つに大別される。

 治療は薬物治療や神経ブロック、リハビリなど理学療法が基本だ。これらで十分な効果が得られない重症例や進行性運動機能マヒなどを伴う場合は手術が考慮される。

 順天堂大学医学部附属順天堂医院脳神経外科・脊椎脊髄センターの尾原裕康准教授に話を聞いた。

「頸椎変性疾患の手術は前方到達法と後方到達法の2つに分類されます。神経障害の原因になる部位が少ない場合は前方到達法を選択することがあり、前方除圧固定術が一般的な手技となります」

 前方除圧固定術とは首の前側を切除し、まず頸椎の椎間板を取り除き、次に頸椎の後ろ側にある骨棘を削って神経の圧迫を取り除く術式だ。椎間板を取り除いたスペースには骨やチタンなどを移植し、上下の頸椎を固定する。首の後方からアプローチする後方除圧固定術に比べ、圧迫された病変を直接取り除ける。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト