ライフ

頸椎変性疾患にリスクを抑えた 「頸椎人工椎間板置換術」が有効

頸椎人工椎間板の画像

頸椎人工椎間板の画像

 前方除圧固定術は2つの頸椎間の椎間板を取り除いた後で固定するため、関節として動く場所を1か所治療すれば5つの関節が、2か所の治療では4つに減る。そのせいで他の頸椎に負担がかかり、別の箇所でも頸椎変性症が起こりやすくなる可能性もある。

 そこで頸椎を固定しない頸椎人工椎間板置換術が登場した。首の前方を切開し、神経の圧迫を取り除くまでは前方除圧固定術と同じだが、椎間板を取り去ったスペースに可動性を持つチタンやプラスチック製の頸椎人工椎間板を留置する。これは頸椎の可動性を保持して隣接部の障害を防ぐ目的で開発され、自然に近い首の動きが可能となった。

「この治療は日本では2017年に保険適用になりましたが、当初1年間は認可された施設だけで行なわれました。現在は医師の基準を満たし、講習会を受講した施設での実施が可能となっています。対象は骨や椎間板の変性が比較的少ないなど限定されており、適さない症例に実施した場合には不具合が生じる可能性もあります」(尾原准教授)

 アメリカでは10年以上前に導入されたが、現在の実施数は前方到達法の5%程度だ。

 治療を希望する場合、専門医とよく相談することが重要で、それが治癒の第一歩となる。

取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

尾原裕康/順天堂大学医学部附属順天堂医院脳神経外科・脊椎脊髄センター准教授

尾原裕康/順天堂大学医学部附属順天堂医院脳神経外科・脊椎脊髄センター准教授

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン