国内

ワクチン会場を襲った「神真都Q」 コアな支持者がコミューン化する可能性も

どういった考えを持っているのか

どういった考えを持っているのか

 アメリカで生まれた陰謀論が、日本で過激な反ワクチン集団と化し、ついに警察沙汰に。いったい何が起きているのか。近刊『「トランプ信者」潜入一年』が話題を呼ぶジャーナリスト・横田増生氏が、日本版「Qアノン」と言われる神真都(やまと)Qの実態に迫った。(文中敬称略)【前後編の後編。前編から読む

 * * *
 神真都Qのメンバーは、トランプについてこう話す。

「私は2020年のアメリカの大統領選挙を追っていくうちに、大規模な不正選挙が行なわれていることを確信しました。選挙当日は、トランプさんが各州の開票でリードしていたのに、翌朝起きてみるとバイデンが逆転しました。一晩の間に、“バイデン・ジャンプ”と呼ばれる不正が行なわれました。

 ミシガン州では集計機のドミニオンによる票の書き換えがあり、ペンシルベニア州では投票所の内部が見えないように細工され、郵便投票を悪用して亡くなった人が投票した例もありました。それに、今のバイデンは、以前のバイデンとは全く別人が入れ替わっているんですよ。目の色や利き手も違っていますし、署名も以前とは全然違います。同一人物でそんなことがあり得ますか」

 まともに取り合える話には思えないが、なぜ神真都Qのメンバーは、他国の政治家であるトランプにシンパシーを覚えるのだろう。その動きを当初から追いかけてきたライターの雨宮純はこう説明する。

「僕は神真都Qを陰謀論集団ととらえているのですが、陰謀論者たちには、メインストリームのメディアが貶めるような人を持ち上げようとする力が働きます。2021年1月に、トランプの支持者たちが連邦議事堂を襲撃して以来、トランプを肯定的に取り上げるメディアはなくなりました。だからこそ、陰謀論者には魅力的に映るのです。だれも知らないトランプの本当の姿や実力を知っているのは私たちだけだという倒錯した気持ちに酔ってしまうのです。

 そのトランプの指導によって、コロナは存在しなかったということが証明され、世の中が180度引っくり返るんだ、と信じることに喜びを見出すのです。逆説的に言えば、もしトランプが大統領選挙で勝っていれば、神真都Qが祀り上げることもなかったでしょう」

 神真都Qを率いているのがイチベイこと倉岡宏行(43)だ。10年以上前はVシネマに出演していた二世俳優だった。メンバーたちが現行犯逮捕された約2週間後、リーダー格のイチベイもクリニックへの建造物侵入の罪で逮捕されている。

「やや日刊カルト新聞」を発行する藤倉善郎は、他の4人が現行犯逮捕される数日前、渋谷でデモをするイチベイを取材して、その動画を自身のツイッターに上げている。以下は藤倉とイチベイとのやり取り。

──東京ドーム(のワクチン会場)を襲撃しましたよね。

「東京ドームでは警察が逮捕されました」

──誰が(警察を)逮捕したんですか。

「軍です。軍に(警察が)捕まっちゃいました。ちょっと警察が態度悪かったもので。あと、朝日新聞もトップ7人が逮捕されました。(朝日新聞が)取材に来たんですけれど、こっちの悪口を言ってきたので」

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン