国内

ワクチン会場を襲った「神真都Q」 コアな支持者がコミューン化する可能性も

ジャーナリスト・横田増生氏が「神真都Q」の実態に迫る

ジャーナリスト・横田増生氏が「神真都Q」の実態に迫る

──(神真都Qの)悪口言ったら逮捕されるんですか。

「だってQですもん」

 藤倉は、イチベイが気さくに取材に応じてくれたとしながら、説明が十分ではなく、相手に分かってもらおうという気持ちが欠落しているように感じたと語る。

「話の前提には、神真都Qには、Q軍という独自の軍隊がついており、それが神真都Qに反対する警察や朝日新聞の幹部を逮捕したという筋書きがある。それを知っていないと、何を言っているか分からないような話を平気でするんです」

 もちろん、神真都Qの軍隊など存在するわけもなく、警察や朝日新聞幹部の逮捕も、まったくのウソでしかない。そんな簡単に分かるウソを、神真都Qのメンバーは信じるのだろうか。

「イチベイなどの幹部に対する批判はご法度です。オープンチャットで、イチベイはおかしいんじゃないか、とでも書こうものなら、おそらくディープ・ステイトの“工作員”とみなされ強制退室させられるようになっています。内部は相互批判などが働きにくい構造になっています」(藤倉)

 神真都Qのメンバーへの締め付けは、私が取材している時にも感じた。ツイッターで見つけたメンバーに私が取材を申し込むと、判で押したように「本部からの指示で取材は全てお断わりさせて頂いております」という答えが返ってきた。

コミューン化のその先

 そのイチベイにQアノンのことを入れ知恵したのは、ユーチューブのコンサルタントで、自称ハーフの40歳の男だ。神真都Qの創設メンバーの1人だ。

 この男は、もともと都市伝説系のユーチューバーだったが、動画の再生回数が伸びずにいた。そこで2020年後半のアメリカ大統領選挙前後にネット上ではやったQアノンの話を流し始めると、再生回数がそれまでの何倍にも増えた。それに味をしめQアノン関連の動画を流すようになる。その男に、ユーチューブ運営に関するコンサルティングを受けていたのがイチベイだった。当時を知る人物はこう語る。

「その男とイチベイが意気投合してそれぞれのチャンネルでQアノンについて語るようになりました。けれどQアノンの動画が、連邦議事堂襲撃以降、ユーチューブの規約に引っかかるようになった。そこに新たなネタとして反ワクチンの動画を流すと、また再生回数が増えたのです。

 イチベイやコンサルの男に何かの思想があったということではなく、単に再生回数を増やしていく途中に、Qアノンや反ワクチンという、ネット上で受けのいい話を取り入れていったにすぎない。要するに、動画がバズれば何だってよかったんです」

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン