国際情報

プーチン「イメージ戦略」の敗戦【後編】チャップリン研究者が読み解くウクライナ侵攻

ゼレンスキー大統領(写真/AFLO)

ゼレンスキー大統領の「イメージ戦略」とは何が違ったか(写真/AFLO)

 ロシアによるウクライナ侵略は、軍事的な戦いであると同時に、自国への支持を広げるためにインターネット上で映像などを拡散する「イメージ」の闘いでもある。その点が“新しい戦争”などと表現されるが、プーチン大統領とゼレンスキー大統領のイメージ戦略の衝突は、80年以上前の「独裁者」と「喜劇王」の闘いと重なる──そう指摘するのは『チャップリンとヒトラー』(岩波書店刊)の著者である脚本家の大野裕之氏だ。チャップリン研究の専門家として国際的に活動する大野氏が、ウクライナ侵攻を読み解く。【前後編の後編。前編を読む

ゼレンスキーという“役者”

 そして今、チャップリンとヒトラーの「イメージの戦争」を想起させるのが、プーチンとゼレンスキーです。

 今回の侵略前まで、プーチンは筋骨隆々の上半身を誇示し、ヒトラー的なマッチョのアピールをしていました。ソ連崩壊後のロシアを立て直した強いリーダーを印象づけていたのです。しかし、そのイメージはもう微塵もありません。

 西側諸国では“プーチンは悪”というイメージが定着し、ロシア軍の残酷さが次々に報じられます。ロシア側は「ウクライナのネオナチを倒す」と自分たちの絶対的な善性をアピールしますが、聞く耳を持たれません。

 ひとえに、プーチンがイメージ戦略でゼレンスキーに敗れたからです。

 ヒトラーやプーチンがアピールする強いリーダー像は、恐怖や憧れの対象になることはあっても、共感や同情の対象にはなりません。

 片やチャップリンは弱者の側に立ち、大衆の象徴というイメージとともにある。奇しくも「元喜劇俳優」という経歴を持つゼレンスキーも同様です。大衆的で、同情や共感の対象になりやすい。

 ゼレンスキーはTシャツ1枚でメディアに登場し、全世界に自分たちの苦境を訴えました。もちろん、戦時下で本当に大変な状況にあったのでしょうが、イメージ戦略として非常に有効でした。

 世界各国の国会でのオンライン演説もそうです。国ごとに内容を変え、日本向けには誰も傷つかない内容にするなど、各国の国民性を精緻に分析していました。

 現代において「政治家」と「役者」の親和性は非常に高いと思いますが、プーチンとゼレンスキーも政治家であり、かつ役者であると見ることができます。そして、ゼレンスキーのほうが“役者として一枚上手”という印象が強い。チャップリンもヒトラーを「最高の役者」と評したことがありました。

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン