ライフ

舛添要一・前都知事、変形性股関節症との闘い「病室が執務室になった日々」を振り返る

舛添要一氏も変形性股関節症に悩まされた(時事通信フォト)

舛添要一氏も変形性股関節症に悩まされた(時事通信フォト)

 多くの人が悩んでいるという「股関節」の痛み。川崎医科大学附属病院整形外科教授で股関節外科が専門の三谷茂医師によれば、実際に痛みなどの症状を有する変形性股関節症の患者数は、男女合わせて推定500万人程度と考えられている。

 脚の付け根にある左右の股関節は人体で最も大きな関節で、骨盤と大腿骨を繋ぐ“要”だ。周囲には大腿四頭筋や内転筋などがあり、「立つ」「歩く」「座る」など下肢を大きく動かす際に重要な役割を果たしている。その股関節の軟骨がだんだんすり減って変形したり、骨同士がこすれて炎症を起こしたりする病気が「変形性股関節症」だ。

 変形性股関節症の治療は、鎮痛剤で痛みを緩和し、筋トレなどで症状を改善する「保存療法」と、根本的な治療を目指す「手術療法」に分けられる。

 前都知事の舛添要一氏(73)は、変形性股関節症の治療のために、股関節を人工股関節に換える手術を受け、長年の苦痛から解放された。舛添氏は「術後のリハビリこそが本当の勝負」と言う。

 舛添氏が最初に異変に気付いたのは2007年に厚労相になってからだった。

「予算委員会で朝から晩まで答弁のために座っていなければならない。その時に腰痛がひどくなったのです。座り心地の悪い椅子に座りっぱなしのせいだと思いました。定期的に鍼やマッサージに通い一時的に良くなっても、腰の痛みは少しずつ増していた。まさか、原因が股関節だったとは……」

“腰”の痛みと長年格闘した舛添氏の病気が、変形性股関節症と判明したのは都知事時代だった。

「痛みがひどくて片足を引きずって歩くようになり、都議会の答弁で演台に向けて立ち上がるたびに痛みを感じていました。1回動くだけで30秒から1分くらいは痛くなるので普通に歩くことができないんです。

 腰痛と信じて疑わなかったのですが病院に視察に行った際に、車から降りて痛がる私を見て、整形外科が専門の院長さんに『知事、それは股関節ですよ』と指摘された。後日レントゲンを撮ると、『左の股関節の軟骨が摩耗してひどい。右もこうなりますよ』と医師に告げられました」

 しかし、公務があるためすぐ手術というわけにはいかず、“つなぎ”の処置としてズレた脚の長さを調整するために「革靴の底上げ」で対応した。

「革靴のヒールを片方だけ1~2cm底上げして、あえて左右の靴の高さをズラしたんです。そうすれば自然と重心が移るので歩く時に足を引きずらなくなる。公務で視察する時も、テレビに映る時も少し楽になり、しばらくはそれで凌いだ」(舛添氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン