国内

秋篠宮の告白“小室圭さんの仕事への評価”と意外な“幼少期のエピソード”

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)

 コン、コン。ドアのノック音とともに、対話劇は幕を開ける。「寒いですねえ」。部屋に入ってくるなり、そう切り出すのは秋篠宮である。それに応じるのは元毎日新聞編集委員のジャーナリスト・江森敬治氏だ。たわいもない話題に始まり、父親の退位や長男の進学などについて会話は深まっていく。このたび江森氏が上梓する『秋篠宮』(小学館刊)には、そんなやりとりが生々しく描かれている。5月11日の同書発売に合わせて、秋篠宮の肉声を独占掲載する。【全3回の第1回】

 * * *
 記者会見を除き、皇族の言葉が表に出るのは極めて異例だ。本書のベースとなった江森氏の秋篠宮邸訪問は、この5年間で37回を数えるという。

 江森氏は妻が学習院大学経済学部の副手をしていた関係で、紀子妃やその父の故・川嶋辰彦氏(学習院大学名誉教授)と知り合った。その後、結婚したばかりの秋篠宮夫妻が京都を訪問した際、初めて面会した。以来、交流は約30年に及ぶ。

 本書の執筆動機について江森氏は「世間で報じられる秋篠宮像と実際のそれの間にあまりにもギャップがありましたから」と説明する。例えば、長女の結婚についても多くの誤解が生じたという。

「パラリーガルのままでよいですよ」(以下、秋篠宮の発言は同書より)

 これは小室眞子さんの婚約内定が報じられた直後の2017年6月に、江森氏が聞いた言葉である。

 パラリーガルというのは弁護士の指示、監督のもとに法律事務にたずさわる仕事だ。年収はおよそ300万円とも言われ、眞子さんの結婚相手の職業として不安視する声まであった。だが秋篠宮は、「いまのお仕事が定職ですよ」と答えたという。

 小室圭氏がニューヨーク州の弁護士試験に二度落ちたことに対し、さも新婚生活の土台が築かれていないかのように報じられる。だが、父親は当初から若き二人に過度な重圧はかけていなかった。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト