ライフ

俳優・升毅が伝授する!白ワインに合う洒落た一皿「アスパラと帆立のバター炒め」

白ワインとバターの風味で美味しさアップ「アスパラと帆立のバター炒め」

白ワインとバターの風味で美味しさアップ「アスパラと帆立のバター炒め」

 俳優・升毅は、自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』を月2回ほど開催する料理好きだ。そんな升が、『週刊ポスト』の連載『居酒屋ますや』で5月から旬を迎え香りや歯ごたえ、味わいの違う「アスパラ」を使う料理を披露。その美味しさと魅力をレシピとともに紹介した。

「5~8月に旬を迎えるアスパラを使った、簡単おつまみです。毎年この時期になると、北海道・富良野の知人がアスパラを送ってくれます。昔と違ってほぼ年中手に入りますが、旬のものは香り、歯応え、味わいともに格別で、毎年心待ちにしているんです(笑)。帆立と一緒にバターで炒めるだけで、白ワインに合う洒落た一皿が完成です」(升)

白ワインとバターの風味で美味しさアップ「アスパラと帆立のバター炒め」

■材料(2人分)
グリーンアスパラガス…5本
バター…10g
帆立貝柱(刺身用)…10粒
塩…2つまみ
白ワイン…大さじ2
粗びきこしょう…2つまみ

■作り方
【1】アスパラガスは根元の固い部分を切り落とし、斜め3等分に切る。

アスパラガスは根元の固い部分を切り落とし、斜め3等分に切る

アスパラガスは根元の固い部分を切り落とし、斜め3等分に切る

【2】フライパンにバターを入れて弱火で熱し、帆立を炒める。両面の色が白くなったら①を加え、塩をふってアスパラガスに火を通す。

フライパンにバターを入れて弱火で熱し、帆立を炒める

フライパンにバターを入れて弱火で熱し、帆立を炒める

【3】白ワインを加えてふたをし、1分程蒸し焼きにする。
【4】粗びきこしょうで味を調えて完成。

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ。東京都出身。近畿大学在学中に演劇を始め、1985年に演劇ユニット「賣名行為」を結成。1991~2002年は劇団「MOTHER」を主宰。主演ドラマ『旧車探して、地元めし』が映画・チャンネルNECOで放送中。

YouTubeで動画公開中。
https://www.youtube.com/channel/UC-DmGAqCEZMypBwgMncP1tQ

撮影/小林大介

※週刊ポスト2022年5月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン