ライフ

横尾忠則さん ダ・ビンチ、ピカソ、三島らと対話する芸術小説『原郷の森』を語る

横尾忠則氏にインタビュー

横尾忠則氏にインタビュー(撮影/横浪修)

【著者インタビュー】横尾忠則さん/『原郷の森』/文藝春秋/4180円

【本の内容】
《頭髪を刈り上げた黒いポロシャツにベージュ色のスリムなスラックス姿》でY君に近づいてきた三島由紀夫は言う。《これからは、君のために、君のお好みの芸術家達や歴史上の人物をこの森の中で出会わせる。(中略)この森は君のために作った森だということをよく覚えておくといいよ》。原郷の森では、運慶、北斎や若冲、コクトーやロダン、織田信長、ヒトラー、猫のタマまで、時空を超えて饒舌に語り出す。芸術論や映画論、死生観、文学論を縦横に、時に脱線もしながら戦わせる「芸術小説」。

着想は、「子どものひとりごと」から

 眠りから醒めた「俺」は、見慣れたアトリエではなく、深い森の中にいた──。森で出逢うのは作家の三島由紀夫、谷崎潤一郎、美術家のデュシャンといった死者たち。『原郷の森』は、200人を超す芸術家や宗教家、思想家が、Y(横尾忠則)論や芸術論を戦わせる文化サロンを現出させる、異色の長編小説だ。

「原郷」とは、言葉が始まる場所のこと。昨年開催された横尾さんの大規模な個展も「GENKYO 横尾忠則」で、副題が「原郷から幻境へ、そして現況は?」だった。

 小説は、「子どものひとりごと」から着想を得たという。

「ちっちゃい子どもって、よくひとりでしゃべってるじゃないですか。ぼく自身、ひとりで物語をしゃべる子どもでした。ひとりごとなんだけど、いろんな人が出てきてざわざわ話す、そんなふうな小説を書きたいなと思いました」

 亡くなる3日前にも電話で話したという三島のように親しかった人もいれば、ダ・ビンチやシェイクスピアといった歴史上の人物も、横尾さんが話したいと思うと、タイミングよく姿を現す。

「これはぼくが絵を描くときのやり方そのままですね。計画性が全然ない。最初は、なんでもいいから描いてみるんです。落書きから始めて、描いているあいだにインスピレーションが浮かぶので、そのインスピレーションに従って少しずつ絵が具体性をもってきます。

 ぼくはアカデミックな美術教育を受けていないので、思いつきの連続なんです。描いている途中でドラクロアの絵がぱっと浮かぶと、ドラクロア風に描いてみる。ここはまた別の誰かがいいと思うと、すぐ鞍替えしちゃう。なんていったかな。歌を次から次へと続ける……、そう、連歌。連歌の感じで、絵も小説も書いていますね。なるべく頭を空っぽにして、頭に浮かんだものをどんどん書いていきました」

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン