芸能

佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」

佐藤浩市

デビュー間もない頃の苦労を振り返った

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で上総広常が非業の死を遂げた直後から、SNSでは「#上総介を偲ぶ会」が立ち上がり、いまだに「上総介ロス」という人もいるという。演じたのは、佐藤浩市(61才)。昨年末には歌手デビューを飾り、最新出演作である映画『20歳のソウル』も公開になるなど、60才を過ぎたいまも、新たな活動の場を広げ、注目を集め続けている佐藤にインタビューを行った。【全4回の2回目。第1回から読む】

作品もそうだし、人との出会いも大きい

 佐藤は昭和を代表する俳優・三國連太郎さん(享年90)の子として生を受けた。父に連れられて撮影所へ行っていた幼い頃に、早くも映画俳優になりたいと思ったという。
 
 1980年、19才のときに、ドラマ『続・続事件〜月の景色〜』(NHK)で役者デビュー。翌年公開された映画『青春の門』で映画デビューを果たす。

 北九州の筑豊炭鉱を舞台に、1人の少年が激しく生きる大人の中で成長し、上京するまでを描いた本作で、主役の伊吹信介役を演じて注目を集めた佐藤は、日本アカデミー賞とブルーリボン賞で2つの新人賞を受賞。それ以後、数々の作品に出演するようになる。当時話題だった映画『敦煌』(1988年)での熱演ぶりも印象的だ。

「当時は撮影現場の雰囲気が厳しくてね。うまくできないと罵倒されるし、さすがに殴られたことはなかったけど胸ぐらを掴まれたことはありました。モラハラとかパワハラといった言葉が社会に浸透してから確かに和やかな雰囲気になって、それはそれで素晴らしいことだと思います。

 でも、ぼく自身は“こいつを育ててやろう”という愛のもとに、叱ってくれた大人に感謝しているんです。そういう大人がいてくれたおかげで、ぼくは成長できたと思うから」(佐藤・以下同)

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン