ビジネス

子供の味方「駄菓子」 麩菓子、きなこ棒の工場密着で見えた「手作業のこだわり」

鍵屋製菓の「ふ菓子」生産現場。タレを満遍なくまとった麩が乾燥台に載せられる(撮影/古川 章)

鍵屋製菓の「ふ菓子」生産現場。タレを満遍なくまとった麩が乾燥台に載せられる

 手頃な価格の駄菓子は、いつの時代も子供たちの味方だ。砂糖、小麦粉といった原料や梱包資材、輸送代は値上げの一途を辿るが、駄菓子業界の大人たちはギリギリの薄利で今日も作り、売り続けている。苦境の中でも職人の手作業にこだわり、専業工場でそれぞれ「麩菓子」「きなこ棒」のみを製造する下町の2軒を訪ねた。

「駄菓子」が誕生したのは江戸時代。砂糖が贅沢品であった頃、未精製の黒糖などを原料とし、庶民も入手できる価格で販売された。当時は1文(現在の価値で約20~30円)で買えるため「一文菓子」との別名を持ち、厘、銭、円と貨幣単位が移っても、低い価格設定はそのまま今日に至る。

 ここ数十年で大きく変わったのは、作り手の顔ぶれだ。一製品のみ担う職人的な駄菓子工場が、後継者不足や売り上げ低迷で次第に勢いを失い、複数の製品を並行して大量生産しコストダウンを図る大手メーカーへと主流が移りつつある。今回紹介する「麩菓子」「きなこ棒」を製造する2軒は、そんな中でも奮闘する専業工場だ。

麩菓子(鍵屋製菓)

「タレ」と呼ばれる糖液をつけるため麩をカゴにセット(撮影/古川 章)

「タレ」と呼ばれる糖液をつけるため麩をカゴにセット

 毎朝7時から本格稼働に入る鍵屋製菓。出来立ての麩菓子が、夕方4時までベルトコンベア上に延々と連なる。麩菓子は衝撃に弱く、コンベア上ですでに割れているものも。欠けの生じていない麩菓子のみ選別したのち、梱包担当のスタッフ6人はひたすら袋詰め作業に没頭する。

 1日の生産量は約4万本。嵩のある菓子だけに、麩菓子の詰められた段ボールは倉庫スペースで山をなすが、問屋のトラックが横付けされた瞬間、あっという間に空っぽとなった。

熱いタレに浸され、遠心分離機にかけられた直後の麩(撮影/古川 章)

熱いタレに浸され、遠心分離機にかけられた直後の麩

 24年前に父の跡を継ぐべく入社した根本和浩さん曰く、「新規の問屋から取り引きをお願いされるが、工場にはこれ以上マシンを追加できず、生産数に限界があって受け入れ難い」。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト