スポーツ

北斗晶、息子夫婦には干渉しない方針も「ボスと呼んで」と新妻に唯一の要望

北斗晶

「長与さんにチクられて私が叱られるかも」と笑った北斗晶

 現役時代の愛称は泣く子も黙る「デンジャラス・クイーン」。ママレスラーのパイオニアとして一世を風靡し、引退後は主婦タレントとして活躍する“鬼嫁”こと北斗晶(54才)。一般企業に務める長男・健之介さん(23才)は、女子プロレスラー・門倉凛(29才)と結婚した。長男の結婚や新妻との関係について、北斗が90分にわたって語り尽くした。【前後編の後編。前編はこちら

息子夫婦と同居は絶対に嫌だ!

「健介は昔気質で真面目なんですよ。『まだ早いんじゃないか?』とか、『食わせる自信がないうちはダメだ』とか、男親としての不安を口にしていました。でも、実際に凛ちゃんと会うと、すごく謙虚で、しっかりした考えを持っている子だったので、すっかり安心したみたい。

(健之介さんと門倉の)交際期間は約半年。私もちょっと早いかな?とは思ったけど、考えてみれば私と健介なんてつきあって1か月で結婚してますからね。相手がプロレスラーなのも、体が丈夫だからいいかって。凛ちゃんは小柄なのにめちゃくちゃよく食べるから、むしろ食費が心配になるくらい(笑い)」

 念を押して「本当にいいんだな」と尋ねる両親に、健之介さんが「彼女じゃなきゃダメなんだ」と宣言したことも決定打になったという。

「凛ちゃんにも『健之介のこと好きなのか?』って聞くと『はい』ってすぐに答えるんです。『愛してるのか』って聞いたら『はい』って。聞いてるこっちが照れちゃいますよね。でも、大事に育ててきた息子をこんなに好きになってくれる人がいるのは、ありがたいこと。反対する理由なんてないですよ」

“鬼嫁”がパワーアップして“鬼姑”になるのでは……。

「いや~、もし私が厳しく怒ったりしたら、長与さんにチクられて私が叱られるかもしれないじゃん(笑い)。

 息子には『お前、浮気でもしたら、ただじゃおかねぇぞ』ってガツンと言いました。嫁であると同時に、私の後輩でもあるので、『もし彼女を悲しませることがあったら、ボコボコにすんぞ!』って。

 姑になる実感はまだ湧かないんですが、思い出したのは自分のときのことです。九州で暮らす健介のお母さんは、私と結婚すると聞いて、喜んで本屋さんに『週刊プロレス』を買いに走ったらしいんですよ。そしたら、カラーで何ページにもわたって悪役のメイクをしてる私が載ってて、そっと雑誌を閉じて見なかったことにしたとか……(笑い)。

 もちろんいまは仲よくしているし、『チャコちゃん(北斗の愛称)は鬼嫁じゃないのにね』って言ってくれる優しいお母さんです。でも、“営業妨害”だからそんなこと言ったらダメだよって(笑い)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン