スポーツ

北斗晶、息子夫婦には干渉しない方針も「ボスと呼んで」と新妻に唯一の要望

北斗晶

「長与さんにチクられて私が叱られるかも」と笑った北斗晶

 現役時代の愛称は泣く子も黙る「デンジャラス・クイーン」。ママレスラーのパイオニアとして一世を風靡し、引退後は主婦タレントとして活躍する“鬼嫁”こと北斗晶(54才)。一般企業に務める長男・健之介さん(23才)は、女子プロレスラー・門倉凛(29才)と結婚した。長男の結婚や新妻との関係について、北斗が90分にわたって語り尽くした。【前後編の後編。前編はこちら

息子夫婦と同居は絶対に嫌だ!

「健介は昔気質で真面目なんですよ。『まだ早いんじゃないか?』とか、『食わせる自信がないうちはダメだ』とか、男親としての不安を口にしていました。でも、実際に凛ちゃんと会うと、すごく謙虚で、しっかりした考えを持っている子だったので、すっかり安心したみたい。

(健之介さんと門倉の)交際期間は約半年。私もちょっと早いかな?とは思ったけど、考えてみれば私と健介なんてつきあって1か月で結婚してますからね。相手がプロレスラーなのも、体が丈夫だからいいかって。凛ちゃんは小柄なのにめちゃくちゃよく食べるから、むしろ食費が心配になるくらい(笑い)」

 念を押して「本当にいいんだな」と尋ねる両親に、健之介さんが「彼女じゃなきゃダメなんだ」と宣言したことも決定打になったという。

「凛ちゃんにも『健之介のこと好きなのか?』って聞くと『はい』ってすぐに答えるんです。『愛してるのか』って聞いたら『はい』って。聞いてるこっちが照れちゃいますよね。でも、大事に育ててきた息子をこんなに好きになってくれる人がいるのは、ありがたいこと。反対する理由なんてないですよ」

“鬼嫁”がパワーアップして“鬼姑”になるのでは……。

「いや~、もし私が厳しく怒ったりしたら、長与さんにチクられて私が叱られるかもしれないじゃん(笑い)。

 息子には『お前、浮気でもしたら、ただじゃおかねぇぞ』ってガツンと言いました。嫁であると同時に、私の後輩でもあるので、『もし彼女を悲しませることがあったら、ボコボコにすんぞ!』って。

 姑になる実感はまだ湧かないんですが、思い出したのは自分のときのことです。九州で暮らす健介のお母さんは、私と結婚すると聞いて、喜んで本屋さんに『週刊プロレス』を買いに走ったらしいんですよ。そしたら、カラーで何ページにもわたって悪役のメイクをしてる私が載ってて、そっと雑誌を閉じて見なかったことにしたとか……(笑い)。

 もちろんいまは仲よくしているし、『チャコちゃん(北斗の愛称)は鬼嫁じゃないのにね』って言ってくれる優しいお母さんです。でも、“営業妨害”だからそんなこと言ったらダメだよって(笑い)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン