国内

国会議員の本当の支払明細書を公開 「月100万円しか」どころじゃなかった

日本維新の会の音喜多駿・参院議員が週刊ポストに提供してくれた今年5月10日支払い分の議員歳費の「支払明細書」

日本維新の会の音喜多駿・参院議員が週刊ポストに提供してくれた今年5月10日支払い分の議員歳費の「支払明細書」

「あちこちから怒られて反省している。今後は立場を自覚して発言をひかえる」──細田博之・衆院議長は議長公邸を訪れた各党の代表者たちにそう“反省の弁”を述べたと報じられた。「月100万円しかない」という細田発言に焦った与野党が、国民の怒りがこれ以上広がらないように慌てて議長の口を封じたのだ。

 何が与野党を慌てさせたのか。改めて細田氏の発言を正確に振り返ろう。5月10日、自民党参院議員の政治資金パーティで挨拶に立った細田氏はこう語った。

「議長になっても毎月もらう歳費は100万円しかないんです。しか、と言うと怒られちゃうけど。会社の社長は1億円は必ずもらうんですよ」

 さらにこう踏み込んだ。

「沢山の議員を出して、盛んな議論をしてもらうのがいいんです。1人あたり月額100万円未満であるような手取りの議員を多少増やしてもバチは当たらないと私は思ってるんです」

 細田氏の発言は議員定数是正についての文脈でなされたものだ。次の総選挙から「1票の格差」是正のために衆院定数是正(「10増10減」)が行なわれる。細田氏の選挙区がある島根は今回は定数削減の対象ではないが、すでに島根は2016年の参院の定数是正で鳥取と合区(改選定数1の島根・鳥取選挙区)され、両県合わせて1人の参院議員しか国会に送れない。

 細田氏は、人口の少ない県の議員定数を減らすのではなく、国会議員の定員全体を増やすべきだと主張し、議員歳費は「手取り100万円未満」で高くないから、定員を増やしても「バチは当たらない」との持論を展開したのである。

 だが、この発言が国民の怒りを呼んだのは、「月100万円しか」の部分だけではない。

 国会議員には歳費の他に、“第2の給料”と呼ばれる毎月100万円の「文書通信交通滞在費」(調査研究広報滞在費に名称変更された)をはじめ、格安議員宿舎や無料航空券、新幹線やグリーン車乗り放題のJR無料パスなど実質的な“隠れ報酬”というべき費用が国費(税金)から提供されている。そうした数々の“議員特権”に頬被りして、“歳費は高くない”と平然と言ってのける感覚に怒ったのだ。

 各党は、細田発言をきっかけに国会議員の実収入や議員特権に国民の目が向けられることを怖れて火消しに走った。

 そこで本誌・週刊ポストは、証拠をもとに国会議員が国からもらっている「本当の収入」を明らかにしたい。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン