芸能

水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ

 日本テレビの久野静香アナ(33)が6月末で退社することが報じられた。同局によると理由は「結婚のため」とのことだが、この退社が社内で波紋を呼んでいるという。久野アナの退社がきっかけで同局の“絶対的エース”である水卜麻美アナ(35)の「フリー転身」が再び囁かれているというのだ。日本テレビの内部ではいま、何が起きているのか――。

 日テレの40代男性社員が語る。

「今年に入って、水卜アナと公私ともに親しかった桝太一アナ(40)が『研究者を目指す』という理由で退社。さらに佐藤義朗アナ(36)も実家のスポーツ用品店を継ぐという理由で5月いっぱいで退社する予定です。桝アナの同期だった青木源太アナ(39)が2年前に退社して以降、男性アナの退社が相次いでアナウンス室はてんやわんやの状態です。そこに、今度は久野アナですからね……。ウチは“女子アナが辞めない”会社でしたから、『ついにこの時が来たか』と。定期的に話題に上る話ではあるのですが、今回の退社を受けて社内では『水卜アナのフリー転身も近いのではないか』と噂していますよ」

 フジテレビでは久代萌美アナ(32)と久慈暁子アナ(27)がこの春フリーに転身するなど、売れっ子アナの退社は珍しいことではない。ただ、この男性社員が語るように日テレは“特別な状況”にあったため、久野アナの退社は驚きをもって迎えられているようだ。

 女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「日テレは2010年に水卜アナが入社して以降、彼女の後輩アナが誰も退社していないんです。これはフリー転身が当たり前になった現代としては異様とも言える状況です。その要因として考えられるのは、日テレはフリーアナをあまり起用せず、他局に比べて自社のアナウンサーを積極的に看板番組に登用する傾向があることでしょうか。そしてその起用に応えて活躍する水卜アナという“お手本”がいたため、若手の女子アナも伸び伸びと頑張ってこられたのだと思います。ただ、裏を返せば局内に“辞めにくい空気”があったとも言えます」

 今回の久野アナのフリー転身で、その“神話”は終わりを迎える。

「久野アナは『news zero』のキャスターや『news every.サタデー』のメインキャスターなど報道畑でキャリアを積んだ“報道のエース”です。しかも報道だけでなく、バラエティやスポーツなど幅広い番組を器用にこなしていたのでフリーになっても制作者が起用しやすいアナウンサーになると思います。愛車がホンダCBRと無類のバイク好きで、そういう意外な一面もフリー向きです。もし彼女がフリーアナとして台頭するようなことがあれば、いよいよ“ド本命”の水卜アナも局アナとしての役割は終えて、より自由に活動できるフリーアナへの転身という選択が現実味を帯びてくるのではないでしょうか」(丸山氏)

 若手の人気アナが続々と退社してきた他局を尻目に、盤石の布陣を揃える「令和の女子アナ帝国」日本テレビ。久野アナの退社が引き金になって、“帝国崩壊”となってしまうのか。人気アナたちの動向に、今後も注目が集まる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン