ライフ

愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」

「とにかく便利」という「テスラ」

「とにかく便利」という「テスラ」

 警察庁が「免許返納」を勧めている流れもあり、最近では、西川きよし(75)や二之湯智・国家公安委員長(77)など有名人の免許返納が相次いでいる。一方で「それでも免許は返納したくない」という人たちもいる。作家・猪瀬直樹氏(75)に聞いた。

 * * *
 僕は常に新しいものを取り入れたいと思っていて、車については1年前の3月にEV(電気自動車)のテスラを買ったばかり。免許を返納するつもりはありません。

 3年前の更新時にはS字カーブや車庫入れなどの技能試験をやりましたが、今回の75歳向けの講習では認知機能検査が新たに加わりました。

 このテストは簡単な足し算引き算に始まって、次にライオンやら何やらが描いてある4枚の絵を見せられるセットを10回ほど繰り返した。「なんだこれ。簡単だな」と思っていたら、その後、別の問題を解いた後に、試験官が「では、先ほどの絵には何が描いてありましたか」と虚をつく問題を出してきました。

 2時間の講習で75点以下は不合格となり、別の日に3時間の講習を再度受けなくてはいけない。45点以下は医師の診断書が必要になる。80点とるのはかなり難しく、油断していたので危なかった(笑)。

 高齢者にこうした試験を課すこと自体は問題ないでしょう。一定の違反歴がある75歳以上のドライバーに、実車による運転技能検査を課すこともいい。ただ、その厳しい試験を乗り越えたのなら、免許を返納する必要はないですよね。

 そもそも、高齢者による車の事故に関して、個人の責任にし過ぎではないでしょうか。本来、自動車メーカーがアクセルとブレーキを踏み間違えても事故につながりにくい設計にしないといけないはずです。だから私は、安全性を高めるよう設計されたオートパイロット機能が標準装備のテスラに乗っています。メーカーはテクノロジーで安全を解決するべきです。

※週刊ポスト2022年6月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

パワハラ疑惑の渦中にいる楽天の安樂(公式HPより)
楽天・安樂、パワハラ疑惑でクビは不可避の状況か 「暴行で解雇」デーブ大久保氏の擁護には呆れる声
NEWSポストセブン
逮捕された西成署の巡査(時事通信フォト)
《国際ロマンス詐欺で25歳現役女性警察官が逮捕》柔道インターハイ出場“陽キャ”な「ミニスカポリス」の闇堕ち
NEWSポストセブン
「ヤンキー姉」の愛称で知られる志筑杏里(撮影 加藤慶)
【BreakingDownで話題の元アイドル】ヤンキー姉が語る「ストーカーとの半生」 驚きの対策は「月収、自宅、交際遍歴をすべて公開」
NEWSポストセブン
VIP席の一角に中居正広の姿が
中居正広が元RIP SLYME・SUの誕生パーティーで「バンザイ」 屋上クラブでの“完全復活”姿
週刊ポスト
相撲協会の理事選出馬に野心を見せていた宮城野親方だったが…(時事通信フォト)
元横綱・白鵬の宮城野親方、協会理事選不出馬の内幕 “貴の乱”の二の舞いを許さぬ執行部の包囲網、野望は潰えたのか
週刊ポスト
池田大作・名誉会長は一体いつまで“健在”だった?(時事通信フォト)
【13年間の不在】池田大作・創価学会名誉会長はいつまで“健在”だったのか 2年前に目撃した教団施設に入った巨大バス
週刊ポスト
山口晋・自民党衆議院議員(左/時事通信フォト)と20代女性A子さん(右)
山口晋・自民党衆議院議員の20代女性への“泥酔キストラブル”に地元大揺れ 父の山口泰明・元党選対委員長が「愛する息子に継がせるため」にしてきたことは
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所「テレビが映さない表彰式」の驚き 栄えある「年間最多勝」の表彰時に観客がこんなに少ないなんて!
NEWSポストセブン
A子さん(左)は被害届を提出し、山口晋・衆院議員も警察に相談(右写真=共同通信社)
【全文公開】自民党・山口晋衆院議員が「泥酔女性にキス」でトラブル 女性は被害届提出、山口議員は“恐喝された可能性”で警察に相談
週刊ポスト
(ハーレーダビッドソン・ジャパンの公式YouTubeチャンネルより)
永野芽郁、初マイバイク「ハーレーダビッドソン」ライド動画が大好評 バイク仕事のオファー殺到間違いなしか
NEWSポストセブン
池田大作氏の訃報に政界で最も敏感に反応したのは岸田文雄・首相だった(写真/共同通信社)
岸田首相が創価学会・池田大作名誉会長死去で「異例の弔問」 政権に不満を抱える学会員に“媚び”を売る下心か
週刊ポスト
番組を再度欠席した神田正輝
《旅サラダを2週連続で欠席》神田正輝、検査入院拒んでいた背景に「悪いところがあれば自分でわかる」長年の病院嫌い
NEWSポストセブン