国内

本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】

「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)

「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)

 本土復帰から50年の節目に、沖縄を舞台にしたNHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』が放送されている。一方、沖縄では、朝ドラでは描かれない“裏面史”もある。フリーライターで『サカナとヤクザ』などの著書があるフリーライターの鈴木智彦氏がリポートする。【前後編の前編】

 * * *
『ちむどんどん』の舞台となる“やんばる”は、山が重なり合う森林地帯で、ヤンバルクイナといった天然記念物や貴重な動植物の宝庫だ。主人公の一家が暮らす「山原村」は架空の集落なので特定できないが、沖縄本島北部、名護市以北と考えていい。那覇市や沖縄市からは距離があり、観光客はあまり足を運ばないだろう。レンタカーを借りても名護市を越え、国頭郡本部町の『美ら海水族館』に行くのがせいぜいで、やんばるをドライブするのは、かなりのマニアといっていい。

 暴力団を取材テーマとする私はそのマニアの一人だ。初めての沖縄取材でも那覇に宿を取らず、まっすぐやんばるに向かった。ヤクザオタクにとって、やんばるは数々の伝説のヤクザを輩出した武闘派の代名詞で、凄惨な抗争事件の現場となった聖地である。当時はまだフィルムカメラの時代で、やんばるの撮影だけで36枚撮りフィルムを10本以上消費した。

 年代や場所を特定すればするほど、架空の物語をフックに実際の歴史に切り込める。『ちむどんどん』の第1話は東京オリンピックが開催された昭和39(1964)年から始まった。両親はサトウキビを栽培する貧農で、父・比嘉賢三(大森南朋)、母・優子(仲間由紀恵)の夫婦には、主人公の暢子(黒島結菜)はじめ4人の子供がいる。サトウキビ畑の労働は過酷だったらしい。ヤクザたちも金がなくサトウキビを刈り取って製糖工場に運んでいた。

「若い者が徒党を組んでキビ倒し。なにがヤクザかぜんぜん分からん。あれだけは金がある時は絶対に行かなかったよ。とにかくきついから」(現・旭琉會・花城松一最高顧問。『沖縄ヤクザ50年戦争』より抜粋)

 ヒロインの父親はこの年に死亡するが、過酷な労働が身体を蝕んだのかもしれない。

 暢子は10歳なので昭和28年生まれ、最初の子供である長男・賢秀(竜星涼)は昭和24年生まれの団塊世代だ。戦前まで沖縄にはヤクザ組織が存在しなかった。集団化してグループを形成したのは昭和27年頃だ。ヒロインの歩みは、沖縄ヤクザの歴史そのものである。比嘉家の背景を知れば、沖縄ヤクザのすべてが分かる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン