芸能

『鎌倉殿の13人』比奈役・堀田真由 “ガッキーロス”を乗り越えた「隠れ実力派」

堀田真由

堀田真由

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』6月5日放送回で、堀田真由(24)演じる比奈が初登場した。前週の5月29日放送回では新垣結衣演じる八重が急死。“ガッキーロス”が広がるなかでの初登場には、「果たして視聴者に受け入れられるのか」という不安も囁かれていたが、杞憂に終わったようだ。芸能ライターの島本拓氏が語る。

「比奈は後に北条義時(小栗旬)の正室となる人物。これまで義時と八重の純愛劇を観てきた視聴者にとっては、ガッキーロスもあり非常に難しいタイミングでの登場でした。が、堀田さんは予想以上の好演で、しっかりインパクトを残したように思います。八重を忘れられず、後妻をもらう気のない義時について『噂によるとあのお方、色恋になると相当しつこいらしいんです』『薄気味悪くて』と比企能員(佐藤二朗)、道(堀内敬子)に語るなど、ただかわいらしいだけでなく、何か強い意思を感じさせる演技でした。その点では八重と似た部分もあり、今後、義時が惹かれていく予感も感じさせられる初登場でした」

 SNSでもおおむね好意的に迎えられており、〈比奈さん小四郎(注・義時)のこと結構気に入ってそうでちょっとそれは微笑ましく思っちゃった。また面白い女性が登場したなと。いや八重さんロスは続いてるのだが〉〈確かに比奈ちゃんはかわいいが 八重さんのあとではさすがに多少霞むのでは……と思ったけどめちゃくちゃかわいいしなんなら八重さんより小四郎に対して辛辣〉といったツイートが並んだ。

 堀田真由は「ゼクシィ」などのCM出演やバラエティ番組への出演が目立つが、業界内では密かに「実力派女優」として知られている。

「2017年には朝ドラ『わろてんか』で主役の妹役として出演し注目を集めるなど、女優としてのキャリアもしっかり積んでいます。昨年は映画『るろうに剣心 最終章』に出演し、今年はNHKの正月時代劇『幕末相棒伝』のヒロイン、そして今回の『鎌倉殿』と、若い世代にしては珍しく時代劇への出演が多いのも特徴です。大河の出演にあたっては、『所作が無意識にできないと感情も止まってしまう。家でお着物を着て練習しています』とコメントしており、努力家な部分が窺えます。

 比奈は北条と比企の間を繋ぐという難しい役どころ。今後、物語は怒涛の展開となり、後に比企家も滅ぼされますが、そのなかで比奈が鍵を握る展開になっていくことでしょう。そこで堀田さんが存在感を発揮すれば、大きな飛躍のきっかけになるかもしれません」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン