国内

行列のできる“廃棄予定食品だけ”を売るお店が人気 食品ロス対策への関心高まる

この日は葉物野菜を中心に、デパ地下で見るような有機野菜や高級フルーツも入荷

この日は葉物野菜を中心に、デパ地下で見るような有機野菜や高級フルーツも入荷

 午前10時、都内企業を回って廃棄予定の食品を集めた2トントラックが店舗に到着。荷下ろしを済ませたら、仕分けと値付けの作業が始まる。ずらっと並べられた折り畳みコンテナを見るだけで、「この量が廃棄予定だったのか……」と絶句。

 この日、乳製品や加工食品を含むものの、そのほとんどは葉物を中心とする野菜。

 コンテナはそれぞれ結構な重量だが、女性スタッフ3人がそれぞれ「よいしょっ」と持ち上げながら食材ごとに仕分け、棚に陳列し、値札をつける作業に取りかかる。13時の開店に向けて、時間との闘いだ。タイムキーパー役のスタッフが「いま12時です!」と伝えると、ますます作業はスピードアップ。

 作業中のスタッフに陳列の工夫を尋ねると「それがないんです!(笑い)」と即答。

「強いて言うなら、賞味期限の順に並べないで、ドサっと並べてと言われています。その方が、宝探しみたいなワクワク感があるって。つい、おばあちゃんが見やすいようにきれいに並べたくなっちゃうんですけど」(スタッフ・小川理絵さん)

 驚くべきはその値段。パン各種2個で100円、白菜1/4株60円、バナナ3本50円、実山椒(約200g)が100円……そのほとんどは、近隣のスーパーと比較しても半値以下。しかも、廃棄予定食品といっても賞味期限間近の商品だけでなく、過剰在庫や箱潰れ、規格外、誤発注が含まれるためか、想像以上にフレッシュな食品が多い印象。山積みになった小松菜も、葉は青々としていて茎はピンピン!

「今日は小松菜がめちゃくちゃたくさん入ってきたから、ニコニコセールにしよう」

 代表の鶴の一声で、小松菜はもともと安かった1袋70円から2袋で70円という破格の値段になった。

大量生産&大量消費のど真ん中からの気づき

「その日によって入荷の種類も量も違うのがうちの特徴。全然品揃えがないこともありますよ。少ないときはお客さんも買わずにすぐ帰ってしまいます。かといって品揃えが豊富ということは、それだけ食品ロスの可能性が高い。売り上げが多いことはビジネスとしてはうれしいことだけど、そうやって喜ぶことにも当初は複雑な感情が湧きました。でもいまは、こうしてたくさん売った分、食品ロス削減ができているんだとプラスに考えるようになりました」

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン