ビジネス

50億円詐欺事件の全貌 上場企業経営者らはなぜインド人金融業者に騙されたのか

stock

「IPO(新規公開株)の特別枠」が詐欺スキームの核となった

 上場企業が舞台となった、いまだ不可解な点が多い巨額詐欺事件。ジャーナリスト・伊藤博敏氏がレポートする。

 * * *
 1年で43%もの配当を得たと思ったら、まったくの詐欺で約50億円を失ってしまった――。こんな大失態を冒した上場企業のオウケイウェイヴ(名証ネクスト)が、6月10日、外部の専門家で構成する調査委員会の報告書を開示した。

 そもそも、どんな投資だったのか。

「IPO(新規公開株)の特別枠があるので確実に儲かります」

 こんなセールストークでオウケイウェイヴに投資させたのは、インド人金融業者のスニール・ジー・サドワニ氏。資本金20万円のRaging Bullという合同会社を経営する。既にRaging社は債務整理を弁護士に一任、自己破産を申請することになっており、スニール氏は「特別枠などなく運用実績も含めすべてウソだった」と、弁護士に告白している。

 高利を約束、資金を集めながら、それを他の投資家の支払いに充てる詐欺商法は、米の天才的詐欺師の名を取って「ポンジスキーム」と呼ばれる。最後は自転車操業に陥って破たんは必至。ただ、最初は約束通りの高利を支払って信用させ、それを再投資させて元本を大きくし、できるだけ破たんを先送りする。その間に幾ら“抜く”かが、ポンジスキームを操る詐欺師たちの“腕”である。

横浜生まれ、完璧な日本語を操るインド人

 スニール氏は、1966年、横浜市に生まれた。インターナショナルスクールを経て上智大学に入学し卒業。大手証券勤務、翻訳関係のソフトウェア会社の創業と売却などを経て、10年にRaging社を立ち上げた。

 多彩な経歴、豊富な人脈と、完璧な日本語を操るスニール氏の人当たりの良さで、Raging社は順調なスタートを切った。同時期、同じ金融会社のHAMABAY CAPITALを設立。大学時代からの知り合いのモハメッド・イク氏が共同代表で、イク氏にも国内外の人脈があった。

 スニール、イクの両氏は、株価指数先物やオプション取引を中心業務としていたが、やがてスニール氏はオプション取引で7億円程度の損失を出すに至る。その“穴”を埋めるために、Raging社で2017年頃から「IPOの特別枠」という詐欺商法を展開するようになったという。

 普通に考えれば、数十パーセントの配当が“確実”に約束されるようなうまい儲け話が転がっているわけはない。しかし、目先の配当に幻惑されて、関与した投資家は100名(社)以上で、動いた金額は約300億円。そのうち少なくとも約150億円が回収不能となる巨額詐欺事件だ。

 被害者としてオウケイウェイヴ以外に、大手流通創業家、中国映画プロデューサー、金融サービス会社代表などの名が上がっており、未確認ながら閣僚を経験した大物女性議員の名もある。

 オウケイウェイヴは上場企業として、内部と外部の双方から厳密なチェック体制を敷いており、しかもフィンテック事業に進出していた経緯から、一時、OKプレミア証券、暗号資産のcOban(コバン)取引所を傘下に収めるなど、金融システムには精通していた。

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン