国内

歌舞伎町卍會「トー横のハウル」が逮捕前に語っていた“夢” 「母子像の入れ墨を」

トー横でパスタを振る舞ったハウル

「トー横」でパスタを振る舞っていた「ハウル」こと小川雅朝容疑者

 6月22日、警視庁は16歳の少女にみだらな行為をしたとして東京都青少年健全育成条例違反容疑で小川雅朝容疑者(32、職業不詳)を逮捕した。小川容疑者は新宿・歌舞伎町の「トー横」(新宿東宝ビル横)と呼ばれる一角で清掃活動や炊き出しを行なう団体「歌舞伎町卍會」の代表で、自らを「ハウル・カラシニコフ」と名乗っていた。夜の町にたむろする行き場のない少年・少女を相手に、炊き出しなどのボランティアをしてきた小川容疑者は、その裏で少女たちを毒牙にかけてきた。そんな小川容疑者は逮捕前、取材班に活動の目的と“将来の夢”を語っていた。

 昨年12月中旬のこと。その直前に発生した歌舞伎町ビル殺人事件をきっかけに、世間的にトー横が大きく取り上げられた時期、トー横のシンボルである新宿東宝ビル周辺は落ち着かない雰囲気が漂っていた。そのなかで、広場の壁沿いにタッパーや紙皿を広げ、6~7人の男女に囲まれてパスタを振る舞う男がいた。小川容疑者だった。

 路上飲みをする他の男女に取材していた記者に、小川容疑者は「メディアの人ですか! 最近よく来るんですよ、これ一緒に食いましょうよ」と、パスタの入ったタッパーを片手に気さくに声をかけてきた。

「オレたちは歌舞伎町卍會っていって、このあたりを掃除したり、炊き出しとかしてるんです。この辺、未成年ってわかってて女の子に援交の話を持ちかけたり、『○○円でどう?』とか話しかけてくる、ロクでもないクソみたいな大人が多すぎるんですよ。オレらが中心になってこうやって集まってれば、悪い大人も寄ってこない。

 もともと悪い奴らがいたのを、オレらは“出禁”にしてるんです。『来んな!』みたいな。拳でわからせることも全然あるし、おかげでこのあたりマジで平和になりましたよ。歌舞伎町は他に居場所がない子供が集まってくる場所だから、それを守りたいんすよ」

 そう話す小川容疑者からバジルとミートソース、2種類のパスタを受け取る。「これ、まじでうまいっすよ。オレんちで作ってここまで持ってくるんです。オレも作るのが楽しいんですよ」と彼は自慢げに話すが、味が濃く、素人が作った感じは否めない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン