国内

田中角栄派閥、選挙運動で戦闘集団として威力を発揮 総裁選では『ローラー作戦』も

田中派は選挙でも躍動した(時事通信フォト)

田中派は選挙でも躍動した(時事通信フォト)

 1972年、田中角栄は佐藤派から81人の議員を引き連れて木曜クラブ、いわゆる「田中派」を結成した。大派閥をバックに直後の自民党総裁選に勝利し、総理大臣となった。あれから50年──。すっかり熱気の失せた参院選を前に、かつて政界最強を誇った田中軍団の輝きを振り返る。【全4回の第3回。第1回から読む

 * * *
 田中派が戦闘集団としての威力を最大限に発揮したのが選挙であった。若手時代、木曜クラブの事務局員だった衆院議員の石破茂氏が語る。

「私が職員になってすぐ参議院選挙がありました。その時は北海道から沖縄まで自民党の候補者の名前を書き、田中派の候補者を赤丸で囲みました。続いて田中派の候補者が出る地域の地方新聞を一日遅れで入手して選挙情報をチェックし、各選挙区の情勢分析をしました。併せて日本列島の白地図に選挙区ごとの区割りを書き込み、田中派が立候補する地域を赤く塗った。『まだ赤くないところも赤くして、日本全国を田中派にする』との意気込みでした」

 選挙前は、誰にいつ応援に来てほしいかを候補者に聞き、応援議員を割り振った。

「もちろん一番人気は田中角栄先生ですが、すべての選挙区を回るわけにはいきません。地味な応援弁士を割り当てられた陣営から不満が出た時、なだめるのもわれわれ職員の仕事でした」(石破氏)

 角栄の娘婿である田中直紀氏が初めて選挙に出た時、当選確実だったため有名な議員は別の候補の応援に回った。すると、「誰がこんなの決めたの! ウチのパパを誰だと思っているの!」との抗議電話が事務所に寄せられた。

「直紀さんの奥さんの田中真紀子さんでした。『直紀先生は十分お強いので、私が当確ギリギリの候補者のところに変更しました』と伝えると、『お前は誰!』と叱られました(苦笑)」(同前)

 選挙戦では田中派の威光をバックに団体票を徹底的に発掘した。

 角栄の秘書として政界入りした衆院議員の中村喜四郎・元建設相が明かす。

「中選挙区は党ではなく、派閥が自前の候補者を擁立するため、脆弱な派閥事務所では候補者がふるいにかけられます。田中派の事務所は完璧に整備され、あと一押しすれば勝てる候補にいち早くテコ入れして影響力を持つ人を送り、業界団体を味方につけていった。重厚な協力体制は盤石で、候補者はみんな『田中先生のところに行きたい』と漏らしていました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン