ライフ

「結婚式の加害性」炎上騒動から何を学ぶべきか 落とし穴にはまらないための3つの教訓

結婚の過程もさまざま

結婚の解釈もさまざま

 SNSでの振る舞いが実生活に影響しうることはもはや言うまでもない。が、ついつい口がすべってしまうタイプの人は少なくないのではないか。コラムニストの石原壮一郎氏が指摘した。

 * * *
 ツイッターでは今日も不毛なバトルが繰り広げられ、その不毛さによって私たちにたくさんのことを教えてくれます。先日も、いかにもツイッターらしい騒動がありました。

 6月下旬、数日にわたって「結婚式の加害性」という言葉が、多くのユーザーが話題にしている「トレンドワード」として注目を浴びます。その言葉にカチンときた人が「結婚式に加害性を見出すなんて歪んでる!」「勝手に被害者意識を抱くな!」と激しく非難。さらに、そんな様子を見た人が「結婚式の加害性なんて言ってるヤツがいるのか。どうせ結婚できないヤツの妬みだろ。欠席すればいいじゃないか!」と次々に乗っかりました。

 炎上騒動を何となく見ていた人は「なるほど、ナイーブな人が増えたんだな。ますます世知辛い世の中になったな」という印象を受けたでしょう。しかし、元になったツイートをたどってみると、ぜんぜんそういう話ではないことがわかります。

「結婚式には加害性があるんだから(傷つく人がいるんだから)やるべきではない」なんて、誰も言っていません。ただ「結婚式その他祝賀行事には原理的にすべて加害性があるんだから、誰も傷付けたくなければすべて中止するほかないが、そんなことは不可能なので覚悟を持つかどうかの問題でしかない」と書いている人はいました。

 同性婚が認められなかったことを残念に思う話の流れのツイートで、つまりは「人は社会の中で、お互いの行為にいろんな感情を抱く。意図せず傷つけることもある。そのことは覚悟した上で配慮や謙虚さを忘れずに生きていきたいものだ」と言っています。

 ひじょうに大切かつ納得できる視点であり、叩かれなきゃいけない理由はどこにも見当たりません。しかし「結婚式の加害性」という悪意を込めて要約されたワードが独り歩きしてしまいました。元のツイートを書いた人のアカウントは、6月30日現在、見つけることができません。気の毒なことに、アカウントを消してしまったようです。

 今回の騒動は、喜び勇んで加害性を攻め立てている人たちのほうが、よっぽどタチが悪くて迷惑な加害性に満ちていたことを示したという皮肉な展開になりました。私たちは、この騒動から何を学べばいいのか。SNSだけでなく実生活でも、よく確かめもしないで「非難しやすそうなところを攻撃して偉くなった気になっている人」はたくさんいます。

 そんな場面を目の当たりにしたりそんな人に遭遇したりしたときに、そして自分が同じ落とし穴にはまらないために、次の3つの教訓を胸に刻んでおきましょう。

その1「インパクトの強い言葉に飛びついて騒ぐと恥をかくことになる」
その2「世間で極悪人扱いされていても、その人に非があるとは限らない」
その3「熱くなって何かを批判している人には、何を言っても無駄である」

関連キーワード

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン