芸能

田中聖容疑者、覚醒剤所持でまた逮捕 芸能人が“やめられない”根本的な問題点

謝罪をする田中聖(公式YouTubeチャンネル)

田中聖容疑者は判決から9日後の逮捕となった(昨年11月、公式YouTubeチャンネル)

 千葉県警は6月29日、KAT-TUNの元メンバー・田中聖容疑者(36才)を覚醒剤所持の疑いで逮捕した。田中容疑者は、JR柏駅西口付近で警察官に職務質問され、覚醒剤が入ったビニール袋が見つかったという。

 2017年5月に大麻を所持していたとして渋谷の路上で現行犯逮捕されたものの、不起訴処分となっている田中容疑者。その後、芸能活動を再開したが、今年2月に覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕され、6月20日には懲役1年8か月、執行猶予3年の有罪判決を受けていた。それからわずか9日後の今回の逮捕劇に、ネット上では、〈田中聖は止めたいんだよね!けど止められないのが覚せい剤なんだろうな〉、〈薬物依存の怖さを思い知らされる〉、〈薬物依存ってよほど何かを変えないと無理だと思う〉などと、やめたくてもやめられない薬物の怖さを実感したという声も多い。

 特に再犯率が高いとされる薬物犯罪。有名人の薬物逮捕者の中にも、再犯するケースが少なくない。その背景には、芸能人が薬物の売人にとっての“上客”となっていることもあるという。

「お金持ちである有名人は、売人にとっては金払いがいい上客なんですよね。そして、芸能界は、その歴史を考えると古くから裏社会との関係性も深く、薬物の売人にとっては比較的近い存在で近づきやすいという事情もあります。また、売れた芸能人たちが夜の街で豪快に遊ぶというのが、いわば伝統のようになっており、そういった場所に売人が出入りしていることもあります。時代とともに芸能界も変わってきて、反社会勢力とのつながりも薄れ、飲み歩く芸能人も少なくなっていますが、一般人に比べて薬物の売人が近寄ってくる可能性が高いのは間違いないですね」(芸能関係者・以下同)

 薬物で有罪判決を受けた芸能人が、一定の自粛期間を経て、活動を再開することも多い。しかし、その“芸能人は復帰できる場所がある”という事実が、甘さになっているのではないかとの指摘もある。

「薬物事件を起こした人の社会復帰の場を作ることが重要ですが、芸能人の再犯率の高さを見ていると、完全に薬物を克服していないまま、復帰していることが多いと言えるでしょう。タレントは人気商売ですし、固定ファンがいるならば、“ファンのために”という思いもあって、早期に復帰することが多いのも確かです。そして、復帰後の芸能活動が軌道に乗ってくると、また前のように薬物の誘惑が近づいてくるというパターンに陥りがち。いわば、社会復帰の道はあるけど、薬物依存克服のノウハウがないのが、芸能界の現状なんですよね。犯罪者のセカンドキャリアは大きな問題であり、薬物で逮捕された芸能人が、再び芸能界で活動するのは、とてもいいことだと思います。しかし、それと同時に薬物依存克服のためのプログラムを受けさせるなど、再犯防止のための施策も必要だと言えますね」

 過去に薬物事件を起こしたことがある俳優の高知東生は、薬物依存に関する啓発活動を行っており、ツイッターでは田中容疑者が薬物依存克服のための自助グループに参加していたことを明かしている。さらに、〈理性ではコントロールできなかったと思う。依存症がより進行していたのかも〉、〈できるだけ早く治療の機会を与えて欲しい〉とコメントした。

「高知さんや清原和博さんは、ネットやメディアで薬物依存からの克服の過程を発信し、ロールモデルになっています。芸能界全体でこういった活動に取り組んで、再犯を防止するとともに、薬物の怖さをしっかり伝えていく必要があるでしょうね」

 高知は田中容疑者に対してツイッターで〈次のロールモデルになるのは聖君だよ〉とメッセージを送っている。まさに、田中容疑者の今後次第では、芸能界における薬物事件減少につながっていくかもしれない。

ホットケーキ用の粉を持つ田中聖(公式YouTubeチャンネルより)

ホットケーキ用の粉を持つ田中聖(公式YouTubeチャンネルより)

逮捕前には「楽しくなってやり過ぎたのは認めるよ」とツイートし、白いペイントをほどこしたマイクの画像をアップ

逮捕前には「楽しくなってやり過ぎたのは認めるよ」とツイートし、白いペイントをほどこしたマイクの画像をアップ

逮捕前には「楽しくなってやり過ぎたのは認めるよ」とツイート

逮捕前には「楽しくなってやり過ぎたのは認めるよ」とツイート

逮捕前には怪しげな画像をツイートも

逮捕前には怪しげな画像をツイートも

関連キーワード

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン