芸能

泉ピン子が語る安住紳一郎アナ「とても負けず嫌い。すごい強さを秘めている」

『ぴったんこ☆カンカン』スタート時の安住アナ(時事通信フォト)

安住アナは「負けず嫌い」だという(時事通信フォト)

「好きな男性アナウンサーランキング」で何度も1位に輝き、2009年にはついに「殿堂入り」を果たした安住紳一郎アナウンサー(48)。昨年10月からは朝の情報番組『THE TIME,』総合司会を務め、いまやTBSの“朝の顔”になった男の素顔を解き明かす。【全3回の第2回。第1回から読む

 * * *
 岡江久美子・薬丸裕英コンビの司会で人気を博した朝の生活情報番組『はなまるマーケット』の「はなまるエプロン隊」役でアナウンサーとしての初仕事を務め、それ以降も着実に実績を重ねていった安住アナ。彼の存在を「ランキング1位」にまで高めたきっかけとなった番組といえば、なんといっても2003年にスタートし、昨年9月まで続いた『ぴったんこ☆カンカン』だろう。

 豪華ゲストがロケを行なって、スタジオゲストらとクイズを展開するのだが、番組の“肝”になっていたのは、安住アナとゲストが展開する軽妙なトークだった。

「大御所をちょっとけなしてもてなすという、彼にしかできない接待話法に、大物ゲストたちがハマっていくさまが面白かった。樹木希林さんや三田佳子さんを相手に『そういうとこ、なんとかなりませんか』と呆れ気味に言い放つ。嬉しそうに相好を崩すスターのレアな表情が印象的でした。独特の距離感と、当意即妙な会話術で、人の胸襟を開かせたら右に出る者がいない」(コラムニストの今井舞氏)

 大物を平気でけなしたり、わがままを言ってみたり。そうやって、局アナながら存在感を増していく。

『ぴったんこ☆カンカン』のなかでもとりわけ人気を集めたのが、バスガイド役の泉ピン子と学生服姿の安住アナが繰り広げる珍道中だ。

 ある回ではわざわざローマまで行って本場のピザ作りに挑戦。スペイン広場では2人がオードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペックに扮して『ローマの休日』のワンシーンを再現し、その“完成度の低さ”が大きな笑いを誘った。

 安住アナの「お嫁さん探しの旅」では、泉が史上最強の見合い仲介人「泉川ピンク」に扮し、全国各地で見合いをセッティング……そんなふうにして2人の共演は実に60回を超えた。

 泉によれば、安住アナの第一印象は「はっきりしない、無口で喋らない子」だったという。

「でもそれは決して嫌な印象ではなく、余計なことを言わない、わきまえているという好印象でした。

 安住アナは自分からグイグイいくタイプじゃないけど、“この子は何かできる子”だと思った。番組のプロデューサーから低迷している視聴率を上げるために何かしようと相談されたとき、『安住アナを大きくしよう』と提案しました。『安住アナに学生服を着せて、修学旅行をやりましょう』という企画も私が考えたんです」

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン