芸能

『ちむどんどん』の前田公輝、“赤穂浪士アイドル”から不良高校生まで演じる注目株

『ちむどんどん』で注目度上昇中の前田公輝(公式HPより)

『ちむどんどん』で注目度上昇中の前田公輝(公式HPより)

 黒島結菜主演で話題を集めるNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』。にわかに注目が集まっているのが、ヒロイン比嘉暢子の幼なじみ・砂川智を演じている前田公輝(まえだ・ごうき、31才)だ。コラムニストのペリー荻野さんが、朝ドラだけではなく前田のこれまでに出演作を振り返りながらその魅力に迫る。

 * * *
 朝ドラ『ちむどんどん』では、ヒロイン暢子(黒島結菜)は智(前田公輝)から将来を考えたいと言われ、東洋新聞の和彦(宮沢氷魚)と愛(飯豊まりえ)は親公認の仲として結婚話が進展、やんばるでは暢子の姉・良子(川口春奈)が別居中の夫・石川(山田裕貴)のことを気にし、妹の歌子(上白石萌歌)は智のことが好き…と、すっかり「男女七人朝物語」といった形になっている。(ニーニー賢秀はあっさり失恋してしまいましたね…)

 その中で、多くの人が「応援したい」と思うのは、智ではないか。やんばる時代は、家業の豆腐店でしっかり働きながら、食いしん坊の暢子のために、うまい豆腐をわけていた智。食品卸の仕事を学び、起業する志を持って上京、暢子の務める銀座のレストランにも配達などし、ついに夢をかなえて独立を決意。スーツ姿で暢子とデートし、胸の内を打ち明けたのだ。

 まじめで努力家。人柄もよく、独立直後、高熱で倒れたときは、暢子は勤めを休んで看病し、配達などは沖縄県人会の面々が助けてくれた。なのに暢子の心には、和彦が…。

 このドラマで前田公輝の好感度はどんどん上がっているのは間違いない。しかも、前田公輝には演技者としての引き出しがまだまだたくさんあるのである。

 私が前田公輝に注目したのは、10年以上前。知る人ぞ知る人気番組『戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~』だった。「史実からはみ出してはいけない」という厳しい縛りの中で、新進の若手俳優たちが、パロディ連発で笑わせたこの番組。人気コーナー「ミュージックトゥナイト」では、竹中半兵衛と黒田官兵衛の「兵衛’z」やPerfume風の浅井三姉妹などが自らの人生をポップに熱唱した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン