ライフ

すい臓がん手術の名医・中尾昭公医師に密着 行き場を失った患者が駆け込む“最後の砦”

すい臓がん手術の名医・中尾昭公医師に密着

すい臓がん手術の名医・中尾昭公医師に密着

 自覚症状のないままがんが進行するすい臓は「沈黙の臓器」と呼ばれる。見つかった時には手遅れとなっているケースが多く、5年生存率は10%に満たない。

「抗がん剤の進歩により生存率は改善されてきていますが、肝心の早期発見はいまだに難しい。すい臓は胃の裏にあるため、超音波検査などで観察しづらく、一般的な検診ではなかなか見つけられないのが現状です」

 名古屋セントラル病院の院長・中尾昭公医師(74)は、1973年に名古屋大学医学部を卒業して以来、1500例を超えるすい臓がん手術を手掛けてきた。

 すい臓がんは、臓器周辺の血管に広がることが多い。血管に取り付くがんの切除は極めて難しく、手術不可能と診断されることがほとんどだ。中尾医師のもとには、他院で断わられ、行き場を失った患者が駆け込む。まさに“最後の砦”の外科医といえる。

 6月某日。中尾医師は60代の女性患者の執刀にあたった。行なわれた手術は、膵頭十二指腸切除術。従来であれば、十二指腸に沿って切り込みを入れ、すい臓を切り取っていく。しかし、この方法では出血が多い上に、がん細胞を周囲に撒き散らす恐れがある。中尾医師が採ったのは、自身が開発した「メセンテリック・アプローチ」と呼ばれる術式だ。腸間膜から切り込み、重要な血管を一本ずつ組織から剥がしてむき出しにしていく。すい臓へ向かう血管があらわになったところで縛り、血流を遮断する。出血量を抑え、がんが飛散するリスクを大幅に軽減するという手法だ。

 この日、切除および再建までかかった時間はおよそ8時間。長時間にわたることの多いすい臓がん手術は、1日1人がやっとだという。

 中尾医師の開発した術式はメセンテリック・アプローチだけではない。彼の名を世界に知らしめたのが、1981年に発表した「門脈カテーテルバイパス法」だ。

「すい臓の手術を難しくさせていたのが、胃や腸などの臓器の血液を肝臓へ運ぶ門脈と呼ばれる静脈。ここにがんが浸潤していたら諦めるというのが、それまでの外科医の常識でした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
国葬当日も行われた反対デモ(時事通信フォト)
フィフィ、“国葬反対”デモ隊に違和感を表明「セレモニーで静かに送り出すのは全世界共通の道徳」
NEWSポストセブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン