国内

「ホテルで1時間半」18歳女子大生と飲酒の吉川赳議員 5200文字反論でも触れなかった「チェックイン」と「胸を見せて」

国会議員としての資質が問われる(吉川赳議員と女子大生)

国会議員としての資質が問われる(吉川赳議員と女子大生)

 18歳女子大生と飲酒していた吉川赳・衆議院議員。本誌・週刊ポストが問題を報じたのは、6月9日のことだった。吉川氏はそれから1か月以上も“雲隠れ”し、夏のボーナスにあたる期末手当約290万円はちゃっかり受け取りつつも、有権者への説明を避けてきた。ところが7月15日になって、ブログで「この度の週刊誌報道に関して」と題した反論を発表した。

 吉川氏はその中で、18歳女性とは5月に利用したクラブで出会ったとつづり、そこで女性が飲酒していたことから20歳以上だと思っていたと主張した。

 焼き肉店で女性と飲酒した時に、女性が18歳の大学1年生だと語っていたことについては、〈酒席で働く女性が身元を知られたくない等の理由から、年齢や所属先、出身地などについて正確なことを述べないことは良くある話でありますから、私としては、真に受けることもせず、「なるほど、大学一年生という設定なのね」と受けとめ、軽い乗りで会話を合わせていたというのが実情でありました〉(ブログより)などと苦しい言い訳を繰り広げた。

 さらに吉川氏は、本誌の取材内容についても疑問があると主張している。念のため断わっておくが、取材は正当な方法で行なわれたものであり、女性に対して「学生だよね? 俺、18歳に興味あるわ」「じゃーさー、遊びのカノジョやってみる?」などと積極的にアプローチをかけていたのは吉川氏のほうである。

 釈明は約5200文字にわたる長文だったが、その中で吉川氏が触れなかった点がある。18歳の女子大生と東京・汐留の焼き肉店での食事の後、わざわざお台場に移動して高級ホテルにチェックインしたことだ。

 2人は「1236号室」に姿を消し、再びロビーに現れたのは1時間半後のことだった。ちなみに吉川氏には妻子がいる。

 後日、取材班が女性に直撃してホテルの部屋で過ごしたことについて聞くと、こう説明した。

「4万円のお小遣いをいただいて、バーに行くだけだからって……。バーだったはずがホテルの部屋で飲むと言われて。何も考えずについて行ってしまった私が悪いんです」

「ルームサービスでお酒を頼んだあと、すぐに吉川さんにベッドで服を脱がされて……。私、経験がなかったから、怖くて過呼吸になってしまい。経験がないからと何度も拒否をしたら、『胸を見せて』と言われて、吉川さんは私を見て自慰行為を始めて……。私、断わるのが苦手で。部屋に行った私が悪いんだとわかっています。本当にごめんなさい」

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン