ライフ

失敗学と創造学へと誘う新書『やらかした時にどうするか』など、夏に読みたい新刊4冊

『やらかした時にどうするか』

『やらかした時にどうするか』

 暑さのせいで何もやりたくなくなるのが夏。そんなときは、涼しい屋内で読書でもして心を落ち着かせてみては? この夏に読みたい新刊4冊を紹介します。

 * * *
『やらかした時にどうするか』畑村洋太郎/ちくまプリマー新書/924円

 プリマー新書のプリマーとは入門書の意。「失敗学」と「創造学」という顔の似てない双子の世界へ読者を誘う。著者は日本に失敗学を定着させた提唱者。死亡事故になりかけた自身の失敗を語り、3.11原発事故では検証委員会の委員長として、「自分の頭で考えないと大変なことになる」実例に直面。失敗は体験的知識。そこから創造的思考へどう繋げるか、その道筋を柔和に説く。

『39歳からのシン教養』/成毛眞/PHP研究所/1870円

『39歳からのシン教養』/成毛眞/PHP研究所

『39歳からのシン教養』/成毛眞/PHP研究所

 教養不足とお嘆きの皆様。大丈夫、著者はこうぶち上げています。“インターネットを使い倒せ。「ググる力」こそシン教養なり!”と。確かに時事用語でも人名やカタカナでも“ながら”でググると、ノーストレスでサクッと理解が進む。テレビとWikiの合わせ技、2段階ググり術、理系画像&動画の活用法、新キーワードの定期的チェックなど、自ら実践している方法を大公開。

『爆発物処理班の遭遇したスピン』佐藤究/講談社/1760円

『爆発物処理班の遭遇したスピン』佐藤究/講談社

『爆発物処理班の遭遇したスピン』佐藤究/講談社

 佐藤究の本領は短編だったのかと打ちのめされる。量子力学の現象を警察ミステリーに持ち込んだ表題作、クリーチャー界の天才が秘匿した禁断の手法「ジェリーウォーカー」、ヤクザの落とし前を凄惨な滑稽さで描いて映画のような「シヴィル・ライツ」、復員兵の青年が野犬狩りの仕事にありつく戦後史「九三式」など。不穏で不吉でゴージャス。完成度の高さに言葉をなくす。

『臨床の砦』夏川草介/小学館文庫/704円

『臨床の砦』夏川草介/小学館文庫

『臨床の砦』夏川草介/小学館文庫

 長野県の指定感染症施設、信濃山病院に勤務する敷島。専門は消化器だが、患者急増のコロナ第3波で2021年年始から患者搬送の業務に立つ。筋立てはフィクションでも、医療崩壊の現実や医師達が晒された緊張や恐怖はノンフィクション。それほど生々しい。この文庫のために書き下ろされた長い「あとがき」がまた読ませる。自分で美談に嵩上げしない医師の気高さを感じる。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年8月4日号

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン