ライフ

失敗学と創造学へと誘う新書『やらかした時にどうするか』など、夏に読みたい新刊4冊

『やらかした時にどうするか』

『やらかした時にどうするか』

 暑さのせいで何もやりたくなくなるのが夏。そんなときは、涼しい屋内で読書でもして心を落ち着かせてみては? この夏に読みたい新刊4冊を紹介します。

 * * *
『やらかした時にどうするか』畑村洋太郎/ちくまプリマー新書/924円

 プリマー新書のプリマーとは入門書の意。「失敗学」と「創造学」という顔の似てない双子の世界へ読者を誘う。著者は日本に失敗学を定着させた提唱者。死亡事故になりかけた自身の失敗を語り、3.11原発事故では検証委員会の委員長として、「自分の頭で考えないと大変なことになる」実例に直面。失敗は体験的知識。そこから創造的思考へどう繋げるか、その道筋を柔和に説く。

『39歳からのシン教養』/成毛眞/PHP研究所/1870円

『39歳からのシン教養』/成毛眞/PHP研究所

『39歳からのシン教養』/成毛眞/PHP研究所

 教養不足とお嘆きの皆様。大丈夫、著者はこうぶち上げています。“インターネットを使い倒せ。「ググる力」こそシン教養なり!”と。確かに時事用語でも人名やカタカナでも“ながら”でググると、ノーストレスでサクッと理解が進む。テレビとWikiの合わせ技、2段階ググり術、理系画像&動画の活用法、新キーワードの定期的チェックなど、自ら実践している方法を大公開。

『爆発物処理班の遭遇したスピン』佐藤究/講談社/1760円

『爆発物処理班の遭遇したスピン』佐藤究/講談社

『爆発物処理班の遭遇したスピン』佐藤究/講談社

 佐藤究の本領は短編だったのかと打ちのめされる。量子力学の現象を警察ミステリーに持ち込んだ表題作、クリーチャー界の天才が秘匿した禁断の手法「ジェリーウォーカー」、ヤクザの落とし前を凄惨な滑稽さで描いて映画のような「シヴィル・ライツ」、復員兵の青年が野犬狩りの仕事にありつく戦後史「九三式」など。不穏で不吉でゴージャス。完成度の高さに言葉をなくす。

『臨床の砦』夏川草介/小学館文庫/704円

『臨床の砦』夏川草介/小学館文庫

『臨床の砦』夏川草介/小学館文庫

 長野県の指定感染症施設、信濃山病院に勤務する敷島。専門は消化器だが、患者急増のコロナ第3波で2021年年始から患者搬送の業務に立つ。筋立てはフィクションでも、医療崩壊の現実や医師達が晒された緊張や恐怖はノンフィクション。それほど生々しい。この文庫のために書き下ろされた長い「あとがき」がまた読ませる。自分で美談に嵩上げしない医師の気高さを感じる。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年8月4日号

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト