芸能

佐藤二朗、『鎌倉殿の13人』で圧倒的存在感 岡本信人は「渥美清さんクラス」と絶賛

NHK大河ドラマで中心人物を担っている(写真提供/NHK)

佐藤二朗の何が共演者を唸らせるのか(写真提供/NHK)

 活躍の場を広げ、ついにはNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で中心人物を演じるまでに至った佐藤二朗(53)。一癖も二癖もある役を演じてきた佐藤について、共演者はその演技力を絶賛する──。【全4回の第4回。第1回から読む

「渥美清さんクラス」

“演技マニア”の佐藤は、役者の傍らドラマの脚本を手がけるだけでなく、『memo』(2008年)、『はるヲうるひと』(2021年)の2本の映画では自ら監督・出演した。

 さらに2017年には『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』(フジテレビ系)のMCに抜擢され、現在は歴史バラエティ『歴史探偵』(NHK)でも探偵事務所の所長役を務めている。

 佐藤は『99人の壁』のオファーが来た時、引き受けるかどうかを演出家の鈴木裕美氏に相談したという。

「彼が迷っているということは、多少は興味があるということです。私は『誰かから“あなたのこういう能力が欲しい”と言われて、持ってないなら断わったほうがいい。でもそれを持っているなら、人から欲しいと求められる人生は幸せだよ』と言いました。

 諸刃の剣ですが、知名度が上がることでより大きい役、面白い役がオファーされやすくなるという側面がある。半面、俳優というよりバラエティタレントとして認識され、演技は任せられないと思われてしまう可能性もなくはない。ただ、彼が演技をやめることは当然ないので、自分に懸けてくれる話に乗ってみるのも悪くないだろうと思いました」(鈴木氏)

 結果、佐藤二朗の役者としての活躍の場はより広がった。知る人ぞ知る俳優から、今まさに国民的大河ドラマで圧倒的な存在感を放っている。

 今も佐藤が「恩人」と呼ぶ堤幸彦監督が言う。

「佐藤二朗健在なり、どころかついに大河で花開いたな、と。非常にいいポジションにきているなと、ちょっと感動しております」

関連キーワード

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン