芸能

離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」

結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)

結婚会見で、指輪と1人目の夫・菊地勲氏との写真を見せる小倉(2011年10月7日)

 7月18日、タレントの小倉優子(38)が自身のインスタグラムを更新し、2018年に再婚した歯科医の夫と離婚をしたことを発表した。そんななか、2017年に離婚した1人目の夫にも「私生活」を暴露されるという状況に陥っている。

 1人目の夫・菊地勲氏は、南青山の人気サロンのオーナーで、大物アーティストのヘアメイクを担当してきた経験を持つカリスマ美容師。2011年にゴールインし、2児を授かったものの、2016年8月に小倉と同じ事務所の後輩女優との浮気が報じられ、2017年に離婚となった。小倉の知人はこう話す。

「この記事が出た時、彼女は第2子を妊娠中だった。妻の妊娠中の浮気、しかも、相手が自分よりも後輩であまり売れていない芸能人だったことは彼女のプライドを大いに傷つけた。菊地氏は着の身着のまま状態で、一人家を追い出されたと言います」

 その菊地氏、実は暴露系ユーチューバーでNHK党所属の参院議員・ガーシーこと東谷義和氏と昵懇の仲だという。芸能関係者はこう言う。

「菊地氏はガーシーが滞在するドバイまでわざわざ出向き、ヘアカットをしています。『暴露配信』にも参加しており、ゆうこりんとの交際初期に北新地のホステスと浮気をし、丸坊主にさせられたことをバラされていました」

 7月19日には、ドバイの居酒屋から配信されたガーシー氏の動画に菊地氏が参加。ガーシー氏は動画の中で「きくっちゃん(菊地氏の愛称)は“かまちょ”しまくり」と、「かまちょ」という言葉で女性関係に奔放だとして菊地氏をいじった上で、視聴者から寄せられたという「ゆうこりんは“かまちょ”うまいんですか」という質問を読み上げると、菊地氏は「うーん、普通」と、小倉との「夜の生活」を暴露したのだ。これには同席者たちも「それ、言っちゃいけないヤツ」と慌てていた。

元夫とのツーショット写真

「夜の生活」を暴露する1人目の夫とのツーショット写真

 小倉は、2人目の歯科医の夫と第3子を妊娠中に別居。弁護士を立てて話し合いを重ねた上に離婚となった。結婚生活では痛い目を見がちな小倉だが、その意外な余波で、“新たなファン層の獲得”を果たしたという。芸能ジャーナリストが言う。

「これまで、ゆうこりんは、料理教室で鍛えた腕をフルに生かした料理写真をSNSにアップしたり、子供をお受験で有名私立に合格させたりと“良きママ路線”を貫いてきていましたが、その姿勢が『完璧すぎて疲れる』と主婦層や、ワーママ層から煙たがられていた部分もありました。

 ところが、1人目の夫による私生活の暴露や、2人目の夫との離婚などにより、これまでゆうこりんを敬遠していたそれらの層が『こんなに頑張っているのに可哀想』『悪い男ばかりに振り回されているのに健気に子供たちを守っている』と一気に味方に転じたのです。

 現在はバラエティ番組『100%!アピールちゃん』(TBS系)で、3児のママでありながら早稲田大学を受験するという企画に挑戦中のゆうこりんですが、主婦層やワーママを味方につけた今、テレビだけでなく、女性向けの子育て事業などを始めて『女社長』として羽ばたく日も来るかもしれません」

「こりん星第2ステージ」の幕開けとなりそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン