芸能

Kis-My-Ft2、デビュー12年目に突入 グループを成長させた各メンバーの努力

ジャニーズグループの活躍が続く

山田美保子さんがキスマイの成長を語る

 ドームツアー『Kis-My-Ftに逢える de Show 2022 in DOME』を8月11日まで開催中のKis-My-Ft2。彼らをデビュー前から追いかけているコラムニストで放送作家の山田美保子さんが、彼女だからこそ知っている7人の歴史と成長について綴ります。

 * * *

「キスマイのこと褒めてたよね? 応援してあげてね」

「皆様のお陰で、それぞれがちょっとずつですけど、活躍できる場を与えていただいているので」とは7月22日、主演ドラマ『NICE FLIGHT!』(テレビ朝日系)の初回に合わせて放送された『徹子の部屋』(同)でのKis-My-Ft2・玉森裕太クン(32才)のコメント。黒柳徹子サン(88才)がキスマイの7ショットをご覧になりながら「大活躍ね、皆さん」とおっしゃったのを受けての言葉でした。

 この日の玉森クンは、ジャケットの下に30代の振袖姿の徹子サンがニューヨークの5番街でビル群を見上げる写真がプリントされたTシャツを着用。さらに、徹子サンからのリクエストに応じ、自己紹介の後、カメラに向かってウインクをする大サービスでした。あ〜、こんなことを照れずにやれてしまう大人になったのだなぁと思ったら、なんだか感慨深くなりました。

 玉森クンが出演する「金曜ナイトドラマ」といえば、2013年の『信長のシェフ』、2017年の『重要参考人探偵』に続いて今回が3本目。そのたびにキスマイが主題歌を担当していることもあり、グループにとっても大切な作品になっています。

 ドラマデビューは多くの先輩たちが巣立った『ごくせん』(日本テレビ系)シリーズの『ごくせん 卒業スペシャル』(同)で高校2年生役を演じた2009年のこと。当時、ジャニーズの“舞台班”で仕事をしていた放送作家から、「これから、あの子(玉森クンのこと)がくるハズです」と聞いたのを覚えています。

『重要〜』の取材に行ったとき、共演のNEWS・小山慶一郎クン(38才)が「何度も座長を経験しているだけあって頼もしさがある」と後輩の玉森クンを称えたことも忘れられません。その昔は、あまりの忙しさから、カメラが回っているのに“シンメ”の宮田俊哉クン(33才)に気持ちをぶつけることでバランスを保つような時代もあったのに。玉森クン、ほんとに大人になりました。

『山田EYEモード』が最初にキスマイに取材を申し込んだのは、主演舞台『PLAYZONE 2009 太陽からの手紙』のときでした。当時ジャニーズJr.をほとんど知らなかった私は、「ではニッキ(錦織一清サン・57才)の初演出を拝見します」と出かけたのです。

 そこでキスマイ沼にハマりました。まず驚いたのは、「Jr.なのに、こんなに高いスキルをもっているのか」ということ。特に北山宏光クン(36才)の歌声に魅せられた私は、すぐに取材を申し込み、初掲載では主演の北山クン、玉森クン、藤ヶ谷太輔クン(35才)の3人が登場してくれました。

 週刊誌なのですぐに発売となり、記事が「青山劇場」の廊下に貼りだされていたのを見てくれた風間俊介クン(39才)から「美保子サン、キスマイのこと褒めてたよね? 応援してあげてね」と言われたことで、またしても(!)使命感が生まれ始めました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン